ニューノーマル時代の働き方の課題と対策について考える – Time For Change?

ニューノーマル

働き方においても在宅勤務やオンライン会議の活用など、変化を大きく実感する状況が続いています。そんなコロナ禍のなかで「ニューノーマル」という言葉を耳にすることが増えています。 私たちは今後新たな働き方を模索していく必要がありますが、そこにはどのような課題があり対策が必要になるのでしょうか。

転職での失敗を避けたい!明確にしておきたい転職理由と会社選びの基準

転職・起業

学生から社会人となるタイミングでは、具体的な仕事選びの基準や働き方を想像するのは難しく、就職した後に理想と現実のギャップから転職を考えたくなることもあるでしょう。その場の感情で計画を立てずに離職することはデメリットが大きいです。この記事では、転職に失敗するよくあるケースを参考に、後悔しない会社選びの基準を見ていきます。

個人で稼ぐ力を身につけるためのポイント!必要な考え方とは?

キャリア

デジタル化が進み、多様な働き方が推奨される中で「時間に縛られずに働いていきたい」「自分のやりたい仕事に取り組んでいきたい」という思いを抱く方が多いのではないでしょうか。 理想とする働き方を手に入れるためには稼ぐ力が必要です。企業でも個人でも、稼ぐ力がなければ活動を継続することは困難です。特に個人で活動していくためには、自分自身の稼ぐ力を高めていかなければなりません。

コーチングとは?ティーチングとの違いや活用方法について解説

用語解説

指導する立場になり、初めてコーチングという言葉を知った方、意味や指導方法についてはよく知らないという方も多いことでしょう。コーチングは、部下を育成する立場の方はもちろん、多くのビジネスパーソンにとって必要な能力と言ます。今回はコーチングの意味とやり方について解説します。

ミレニアル世代とZ世代の働き方|ますます存在感が大きくなる、それぞれの世代の特徴を解説

用語解説

ミレニアル世代・Z世代という言葉をご存知でしょうか。18歳以上の労働者層は、大きく4つの世代に分類したうちの2つの世代を指した言葉です。 この2つの世代の社会における存在感は大きくなっており、日本では2025年にこれらの世代が労働力の約50%を占めると言われています。

【働き方改革ガイドライン】押さえておきたい4つのポイント!中小企業の取り組み事例

用語解説

「働き方改革」は大企業だけでなく、国内雇用の約7割を担う中小企業・小規模事業者にとっても重要な課題であり、社会から関心の高い取り組みとして認知が広がりました。 しかしながら、具体的な内容については、よく分かっていないという方も多いのではないでしょうか。

正規雇用と非正規雇用?雇用形態の種類と特徴まとめ

用語解説

コロナ禍を受けて私たちを取り巻く環境は一変しました。人との接触を避けるため、リモートワークを導入する企業が増え、コロナをきっかけにこのままの働き方でよいのだろうかと不安に感じている人も多いのではないでしょうか。そこで、ここでは正社員以外の働き方を模索している人に向けて、雇用形態の種類や特徴などを解説していきます。

ジョブ型雇用とメンバーシップ型雇用|違いや注目されている理由を解説

用語解説

多様な働き方の推進が広がっていますが、働き方にはメンバーシップ型雇用やジョブ型雇用というものがあることをご存知でしょうか。最近はジョブ型雇用が話題になっていますが、専門スキルや得意な職務がある場合は、ジョブ型雇用を検討してみるのも一つの手段です。

ニューノーマル時代に訪れるビジネスや働き方の変化とは

ニューノーマル

ニューノーマルとは「新しい」を意味するnewと「標準」を意味する「normal」から生まれた言葉です。 新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて社会には大きな変化が生じ、これからの生活や仕事をどうやっていけばよいのか悩んでいる人が増えています。 この記事ではニューノーマル時代についてわかりやすく解説します。