【初めての転職】情報収集と自己分析から!副業としてチャレンジできる仕事もチェックしよう。

2021年3月15日
働き方コラム
転職サービスの種類と準備すること

求人情報専門の検索エンジンが普及するなど、転職に関する情報はあらゆるところで入手できるようになりました。

しかし、いざ転職を考えたときに何から手を付けたらよいのか分からないことがあります。

web上には転職に関するサイトも多く開設されていて、求人情報や転職にあたっての注意点、準備に必要なこと、豆知識などといった有益な情報が発信されています。

まずはそうしたサイトをチェックして情報収集することが有効です。今回はいくつかの代表的な転職サービスを事例に転職の準備を進めるたのポイントを解説したいと思います。

転職サービスの種類

一般的な就職活動のスタイルとしては、まず求人情報をリサーチして自分が気に入った求人にエントリーする。その後、履歴書を送付や面接を受け内定をもらうというのが主な流れとなりますが、大きくは3つのタイプに分かれます。

転職サイトの3タイプ

・直接応募型
・スカウト型
・エージェント型

転職サービス:直接応募型

求人情報を自ら探して応募するスタイルです。

webサイトなどで掲載されている求人情報から自分の裁量で応募することができます。チャレンジの意味も含めて気楽に応募できることはメリットと言えます。

膨大な量の求人情報の中から応募先を自分で探すため、スキルや資格に応じた最適な情報を見逃す可能性があります。応募書類や面接対応は自分一人で行う必要があります。この点はデメリットと言えるでしょう。

直接応募型サービス例

・マイナビ転職

・リクナビネクスト

転職サービス:スカウト型

これまでの職歴や実績をサイトに登録しておき、企業からスカウトを待つスタイルです。

希望する職種や志望理由、自己PRなどといった求職者の情報を確認し、関心を待った企業の採用担当者や提携するエージェントがスカウトの連絡をします。

自身が評価されるポイントがわかるというメリットがありますが、特殊なスキルや資格、経験が必要な仕事の場合は、希望条件にあったスカウトを受けられない可能性があります。

スカウト型サービス例

・キャリトレ
・ビズリーチ

転職サービス:エージェント型

転職エージェントのキャリアアドバイザーと面談を行い、経歴や希望条件に見合った求人の紹介を受けるスタイルです。

直接キャリアアドバイザーと相談できるため、企業の特徴や求める人材像、応募書類の作成や面接対策の相談ができます。自身の適正年収や転職市場での評価などを知ることできます。

エージェント企業や担当のキャリアアドバイザーの経験や知識により、転職活動の質が左右される他、場合によっては転職を進められないケースもあります。

エージェント型サービス例

・JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)
・doda

サービスによってサポート対象が異なる

大きく3つのタイプを紹介しました。さらに各転職サービス毎にサポート対象が異なり、年代や職種、業界に特化したサービスに別れます。

ぞれぞれのサービス毎に得意分野があるため、情報収集する際はそれぞれのサービスタイプと特徴を確認した上で、複数のサービスから幅広く情報を集めるのが良いでしょう。

転職サイトの種類と基本的な使い方|それぞれの特徴を知り上手に転職サービスを活用しよう
仕事に対してやりがいや給与の向上を求めている方であれば、転職を検討することも少なくないでしょう。 転職に関するさまざまなサービスがありますが、「転職サイト」を活…
4510.omoroiworks.com

転職活動を始める前にやっておきたいこと

転職サービスの種類によって特徴があるので、自分がどの程度の経験やスキルがあるかを見極めたうえで、いずれかの方法を選択することが使い方のポイントです。

キャリアの棚卸し

能力をアピールするためにも自分のことを理解することは重要です。そのため転職活動にあたりこれまでのキャリアを振り返ることは不可欠です。

経験してきた業務だけでなく、仕事を通じて身に付けたスキルや自身が得意とする分野などを整理することで、客観的な視点で強みや特徴に気づくことができるます。さらに、自己評価と他者評価のギャップを知ることは、自身の成長のためには必要でしょう。

しかし、いざキャリアを振り返ろうとしても、ひとりで取り組むにはたいへんな作業です。その際は、ライフチャートを活用してみましょう。

ライフチャートとは、これまでの人生を振り返り、その時々の充実度をチャート状に整理する方法です。生まれてからの人生の振り返りでなくても、期間は自由に設定して構いません。その期間で起きた出来事や充実度を記載することで、自己理解を深めることができます。

ライフチャート
ライフチャートとは

ライフチャートの作り方は、横軸に時間(年齢)、縦軸に満足度(充実度)示す、T型の軸を作成します。これまでの出来事を振り返り、思い出に残るエピソードの時期+充実度の場所に点を書いていきましょう。

エピソードの点を書き終えたら点をつなぎチャートを作成します。最後に転機となるような代表的なエピソードを書き込むようにしましょう。

ライフチャートには、自分の人生の充実度を振り返ることで、自己理解を深めることができるというメリットがあります。ビジネスシーンをはじめ、就職活動や転職活動など、自分のキャリアを考える場面で活用されています。

キャリアの棚卸しは自身の能力開発のためにも役立ちます。定期的に振り返りを行う習慣を持つことがおすすめです。

可能であれば、複数人と対話を通じて、それぞれのライフチャートを共有することで、より深い気づきが得られるでしょうか。

応募書類の作成

なお、業界の動きに関する情報収集や応募書類の作成といった準備は、いずれのサービスであっても求められます。

特に職務経歴書については書類選考の判断材料となる重要な書類となるため、慎重に作成する必要があります。

職務経歴書とは、これまで経験してきた業務内容やスキルを確認するための書類です。実務能力の確認はもちろん、転職の目的や仕事への意欲、プレゼン能力なども判断されます。一般的に、A4サイズの用紙1~2枚、多くても3枚までにまとめます。

マイナビ転職『【完全版】職務経歴書の書き方マニュアル』に詳しく解説されていますので、職務経歴書の書き方がよくわからない場合はチェックしてください。

副業・兼業でチャレンジできる仕事

多様な働き方の推進にともない、ボランティアや副業として、会社を辞めずに別の仕事にチャレンジできるサービスも生まれています。

これらサービスを利用することで、転職という選択肢の前に、自身が持つスキルや知見が役立つのか知ることができるでしょう。

また、普段の仕事とはまた別の環境で働くことで、常識と思っていたことが通用しない、コミュニケーションの取り方に工夫が必要になるなど、たくさんの気づきや学びを得ることができます。

最後にいくつか副業にチャレンジできるサービスを掲載しておきます。気になるサービスがあれば、エントリーしてみてはいかがでしょうか。

※会社員の方は、勤め先の会社が副業を認めているか事前に確認しておきましょう。

Yahoo!副業(ベータ版)

副業を通じた新しい働き方のサポートをコンセプトに、ヤフーが提供する副業プラットフォーム。2021年5月スタートを予定しており、現在先行エントリーを受け付け中。※先行エントリー期間中に受付を終了することがあるとのこと。

クラウドリンクス

ハイクラス人材に特化した副業・複業プラットフォーム。大手企業の人材にアプローチできることが強み。個人登録に制限はありませんが、経営や人事、マーケティングなどのコーポレート関連の職種が多く、ある程度のスキルと専門性が求められます。

ふるさと兼業

プロジェクト単位で地域や共感できる事業にコミットできる兼業プラットフォーム。都会で暮らしながら地域と関わり、会社員として活躍しながら、別のNPOやベンチャー企業などに関わるなど、働き方の新たな選択肢を提案しています。

Skill Shift(スキルシフト)

業務改善やイノベーションを目的とした地方企業と、本業にムリの出ない範囲の副業を始めたい都市部の正社員との、転職でもなく移住でもない企業との新しい関わり方、「副業正社員」という新しいカタチ。を提案しています。

JOINS(ジョインズ)

地方企業に特化した副業人材サービス。個人と企業担当者との「心の壁」を取り除き、関係性を作っていくためのお互いの人柄や価値観を共有する「心理的安全性プログラム」を実施するなど、安心して仕事を始めるためのサポートがあります。

まとめ

インターネットの発展やSNSの普及と人材不足が重なり、求人企業や転職情報は驚くほど増えています。情報量の増加に合わせて、求人企業と転職者をつなぐ多種多様なマッチングサービスも誕生しています。

転職が当たり前となり、転職することは難しいことではなくなりました。しかし、転職を成功させるためには、情報収集と事前の準備が不可欠です。

自身の向き不向きや、価値観、取り組みたいことなど、働く理由や目的も影響することでしょう。転職を考える際には、周囲の情報だけに目を奪われず、自身との対話も忘れずにおきましょう。