フリーランスに必須!?クラウド会計ソフトの種類と選び方

2022年1月14日
クラウド会計ソフトとは?

フリーランスの方にとって「会計処理」は難関になることが多く、「確定申告をしたいけど所得の計算に難儀している」という方も少なくありません。

そこでおすすめなのが、「クラウド型会計ソフト」で会計処理を行うという選択肢です。

今回は、クラウド型会計ソフトとは何か、その概要からソフトの選び方まで解説します。

クラウド型会計ソフトとは?

クラウド型会計ソフトは、つまりクラウド(オンライン上)で利用されている会計ソフトおよびサービスの総称です。

単にお金の収支をメモするものではなく、会計処理および経理処理を自動化することが可能で、面倒な所得の計算から確定申告書の作成まで自動で行うソフトも多数存在します。

今日ではさまざまな企業から同様のサービスが提供されており、クラウド型会計ソフトを通じて会計処理を効率化している企業・個人事業主は少なくありません。

会計ソフトの種類

”クラウド型”会計ソフトと呼んでいるように、会計ソフトにはクラウド型以外に「オンプレミス型(インストール型)」という種類のソフトもあります。

クラウド型のソフトが登場するよりも前に利用されていたもので、購入したソフトのパッケージをパソコンなどにインストールし、ローカル環境で利用するのが特徴です。

クラウド型とオンプレミス型はそれぞれ異なる性質を持っています。

例えばクラウド型はオンライン上で利用するソフトであるため、インターネット環境および接続の権限さえあれば場所を問わずに利用することが可能です。

一方でオンプレミス型は、そのソフトがインストールされているハードウェアが手元になければ当然ながら利用することができません。

その反面、クラウド型と違ってインターネットを介さずに利用できることからセキュリティ性が高いといったメリットもあります。

それぞれメリットがあるため、どちらの種類を選ぶかはケースに合わせて考える必要があります。

フリーランスの場合、一人で会計処理を行うのであればどちらでも良いと言えますが、税理士に会計処理をしてもらっている場合などは、オンライン上で利用できるクラウド型会計ソフトを選ぶのが良いのではないでしょうか。

クラウド型会計ソフトのメリット

クラウド型とオンプレミス型の2種類、それぞれにメリットが存在します。

ここからはクラウド型会計ソフトに注目し、オンプレミス型と違ってどのようなメリットがあるのか、いくつかの項目に分けて詳しく解説していきます。

複数の端末で利用可能

クラウド型会計ソフトの大きなメリットと言えるのが、「複数の端末で利用できる」という点です。

オンプレミス型のように限定された端末から利用する必要性はなく、ほとんどのソフトはパソコンはもちろんスマートフォンやタブレットなどからでも利用することができます。

例えば在宅中はパソコンで作業をして、外出先ではタブレットで会計処理を進める、というように使い分けることが可能です。

また、この特徴は税理士などと協力して会計処理を行う場合に役立ちます。

例えばオンプレミス型のソフトだとインストールされているパソコンでしかソフトを実行できないため、自宅のパソコンにソフトがインストールされている場合、会計処理を手伝ってもらう際はわざわざ税理士に自宅まで来てもらう必要があります。

クラウド型の場合、権限さえあればどのような端末からでもアクセスが可能であり、税理士が所有しているパソコンやスマホなどから会計ソフトを利用できます。

クラウド型会計ソフトを利用することで、税理士とのやりとりをより円滑に進められるでしょう。

法改正などに合わせて機能が更新される

確定申告に関係する「税法」をはじめ、法律はことあるごとに改正される可能性があります。

クラウド型会計ソフトは、そういった法改正にリアルタイムで対応し、バージョンアップしていけるのも大きな強みです。

オンプレミス型のソフトも更新をすること自体は可能ですが、更新するためには更新用のパッケージを用意する必要があり、更新そのものも手動で行う必要があります。

クラウド型会計ソフトはサービスの提供会社が自動でシステムをアップデートするため、法改正に合わせて自動でソフトの機能も変更されることがほとんどです。

法改正に伴う会計処理のミスやヒューマンエラーを限りなく減らすことができるでしょう。

クラウド型会計ソフトの選び方

クラウド型会計ソフトと一口に言っても、サービスにはいくつかの種類が存在し、それぞれ機能やサポート体制などに違いがあります。

クラウド型会計ソフトを導入する際には、どれを選ぶべきなのか、選び方のポイントを知っておくことが大切です。では、具体的にどのように選べばよいのか、いくつかのポイントを見ていきましょう。

容易に導入できるか?

クラウド型会計ソフトはオンプレミス型に比べて導入自体は手軽にできるものの、何も準備せずに導入できるとは限りません。

税理士がクラウド型会計ソフトに対応できるかどうか、自身が有しているデータを移行できそうかどうかなど、まずは導入できそうかをしっかり確認しましょう。

準備の手間を無視して会計ソフトを選んでしまうと、データ移行ができない、税理士との間にトラブルが生じたりと問題が起こるきっかけになるかもしれません。

自動化・連携機能が充実しているか?

会計ソフトにおいて目玉と言えるのは、会計処理の自動化やネットバンキングなど他サービスとの連携機能です。

一部の会計ソフトにはこれらの機能が備わっていないこともあり、そういったソフトを選ぶと不便な形で会計処理を進めざるを得なくなってしまいます。

フリーランスの方であれば、まずは所得税の計算など確定申告に関わる作業を自動化できるかどうかをチェックし、その上で便利な機能が揃っているかを確認していくのがおすすめです。

サポート体制が整っているか?

クラウド型会計ソフトは便利機能が豊富に揃っているものが多い反面、それだけ使い方などが複雑になっており、不慣れな方では機能を使いこなせず利用を断念してしまうこともあります。

そこで重要になるのが会計ソフトを問題なく利用できるだけのサポート体制が整っているかどうかです。

サポート体制が万全な企業であれば、電話やメールはもちろん、チャットやビデオ会議を通じてリアルタイムでサポート対応していることも珍しくありません。

ソフトの使い方を熟知している方はともかく、「会計ソフトを使いこなせるか不安」という方はサポート体制についてしっかり確認しておきましょう。

クラウド型会計ソフトでお金を効率的に管理しよう

クラウド型会計ソフトには、確定申告を自動化できたり、複数の端末から利用できたりとさまざまなメリットがあります。

うまく扱えばほぼ全ての会計処理を自動化し、お金の管理を大幅に効率化させることが可能です。

そのためにも、自分に合ったクラウド型会計ソフトを選ぶことは非常に重要な点になります。

これからクラウド型会計ソフトを選ぶ方は、ここで紹介した選び方を参考に、自分に適したソフトを選んでみるのがおすすめです。