fbpx

20代で作っておきたい「やりたいことリスト」|自分の未来をデザインする

20代で作っておきたい「やりたいことリスト」|自分の未来をデザインする
2023年10月14日

20代という年齢は、多くの人にとって人生の大きな岐路となる時期です。なかには「ホワイト」と言われる優良企業で働いている方の中にも、キャリアに対する不安や疑問を抱えることがあります。

そんな時、自分自身の目標や願望を明確にするための「やりたいことリスト」を作ることをおすすめします。このリストは、単なる願望を書き出すだけでなく、それを具体的な行動に移すための第一歩とも言えます。100項目という多くの項目を設定することで、自分をいろいろな角度から見つめることで、人生をより豊かにするために必要なことが見えてきます。

この記事では、そんな「やりたいことリスト」の効果と作成方法について紹介します。目標設定や自己分析に活かし、自身の未来をデザインするためのヒントとなれば幸いです。

仕事やキャリアに悩んだら….

おすすめのキャリアコーチングサービス

キャリアコーチング|各種サービス比較はこちら>>>
最近、注目されるキャリアコーチングサービス。一人ひとりが自分らしいキャリアを歩んでいくためのに、仕事やキャリアの悩みを相談したり、キャリア設計を手助けしてもらえ…
4510.omoroiworks.com
仕事やキャリアに悩んだら…

おすすめの
キャリアコーチングサービス

20代でやりたいことリストを作るメリット

20代の会社員の方が抱えるキャリアに対する不安や疑問は一筋縄ではいきません。そんな時に役立つのが「やりたいことリスト」です。まずは、20代でやりたいことリスト作成するメリットについて紹介します。

目標設定と自己分析

「やりたいことリスト」を作る最大のメリットは、目標設定と自己分析が手軽にできる点です。多くの人が目標を持っていても、それが曖昧なままでは行動に移すことは難しいです。リストを作ることで、曖昧だった目標が明確になり、それによって具体的な行動計画が立てやすくなります。

例えば、年収1,000万円を目指すという目標があったとします。この目標を「やりたいことリスト」に書き出すことで、その達成に必要なスキルや行動が明確になります。さらに、自分自身の強みや弱みを理解することで、目標達成のための戦略が練りやすくなるのです。

20代でやりたいことリスト作る効果

20代は人生の岐路とも言える重要な時期です。この時期に自分自身と向き合い、自分のキャリアをしっかりと考えることはとても重要です。この時に「やりたいことリスト」が役立ちます。一般的に、目標を明確に設定、計画を立てることで目標を達成できる可能性は高まります。心理的な側面においても、20代で「やりたいことリスト」を作る価値は高いと言えます。

やりたいことリストの作り方

やりたいことリストは非常に有効なツールですが、ただリストを作るだけではなく、作成の手順も大切です。

人が本来持っている欲求にもとづいて考える

人は多くの欲求に動かされています。例えば、食べ物や安全、愛情、自己実現など、さまざまな欲求があります。これらの欲求を理解し、それに基づいてやりたいことリストを作成することで、より深く自分を理解して実現可能な目標の設定が可能になります。

例えば、まず自分が何を求めているのかを整理します。食べ物や安全といった基本的な欲求から、スキルアップや人間関係の改善といったことなど、幅広く考えることが必要です。自身の欲求に目を向けることで、自分が何を重視しているのか、何を達成したいのかが明確になっていきます。

自分の欲求を理解する方法

欲求を書き出すだけでなく自己分析も必要です。自己分析とは、自分自身の強みや弱み、興味、価値観などを理解するプロセスです。自己分析を通じて、先ほど考えた欲求とどのようにリンクしているのかを考えます。

例えば、自分が人間関係を重視していると感じた場合、それはコミュニケーション能力の高さや人とのつながりを大切にしたいという価値観から来ているのかもしれません。このように自己分析を行うことで、やりたいことリストを具体的な行動として書き出すことができます。

自己分析で大切なのは、自分を第三者のように冷静に観察することです。これにより、感情や偏見に左右されず、より正確な自己理解が可能になります。この客観的な観察は、メタ認知能力を高める効果もあり、それがさまざまなスキルにも良い影響を与えます。

やりたいことリストの作り方については、「やりたいことリスト100項目の作り方!自分の望みをはっきりさせることが夢への第一歩」でも紹介しています。

やりたいことリストの記載例

「やりたいことリスト」は、自分自身の目標や願望を明確にして具体的な行動に移すための第一歩です。特に20代の方など、多忙な毎日の中で目標を見失ってしまうこともあるでしょう。やりたいことリストを作成することで、自分の目標や願望にあらためて焦点を当て、行動に移すきっかけを作ることができます。

カテゴリーごとにリストアップする

「やりたいことリスト」を作成する際には、以下のようなカテゴリーで項目を整理すると良いでしょう。これらはあくまで一例として、自分の興味がある分野で自由にカテゴリー分けすればいいと思います。

カテゴリー例
  • 家族:家庭生活を豊かにするための活動や、家族とのコミュニケーションを深める方法。
  • お金:財務状況を安定させるための目標や、資産を増やすための戦略。
  • ほしいもの:物欲を満たすためのアイテムや、生活を豊かにする商品。
  • 行きたい場所:訪れてみたい国や地域、体験してみたい場所。
  • 体験したいこと:一度は挑戦してみたい活動や、スキルを身につけたいこと。

具体例なやりたいことの項目例

各カテゴリーにおける「やりたいことリスト」の具体例をご紹介します。

カテゴリー例
  • 家族
    • 週に1回家族サービスの時間を設ける
    • 家族で料理をする
    • 家族でゲームを楽しむ
  • お金
    • 自分だけで年収1,000万円稼ぐ
    • 投資で資産を増やす
    • 貯金額を2倍にする
  • ほしいもの
    • ○○の高級バッグを買う
    • 新しいスマートフォンを買う
    • 自分用の高性能パソコンを購入する
  • 行きたい場所
    • イギリスに行く
    • フランスに行く
    • カナダでオーロラを見る
  • 体験したいこと
    • 自分の本を出版する
    • マラソン大会で完走する
    • ダイビングライセンスを取得する

このように、具体的な項目をリストアップすることで、目標に対する具体的なイメージが湧き、それを達成するための行動計画も立てやすくなるでしょう。

やりたいことリスト作成時の注意点

リストの効果が半減してしまわないよう、やりたいことリストを作成する際の注意点についても確認しておきましょう。

作成する際のポイント

「やりたいことリスト」を作成する際には、具体性と優先順位、期限の設定が重要です。具体的な目標を設定することで、何をすればその目標に近づけるのかが明確になります。

優先順位を明確にしておくと、効率よく目標に取り組むことができます。期限を設定することで、計画を立てやすく、行動に移しやすくなります。

これらのポイントを押さえることで、リスト作成は単なる作業ではなく、自分と向き合い、自分を高めるための重要なステップとなります。

自分自身に誠実であること

他人や社会の期待に流されず、自分の欲求に誠実であることが大切です。SNSで見かける他者の活躍に影響されてしまうものですが、他者の価値観に基づいた行動であったなら、自分には合わない目標となってしまう可能性があります。

そのため、自分が何を求めているのか、どんなことに価値を見い出しているのかをしっかりと理解することが、効果的なリスト作りの第一歩となります。

楽しみながら作成する

リスト作成は、時には面倒な作業と感じられるかもしれません。しかし、楽しみながら取り組むことで、より良いリストができあがります。単に文字で書くだけでなく、写真やイラストを使ってビジュアルにするとより具体的なイメージが湧きやすくなります。

また、人の欲求や目標は時間とともに変わるものです。そのため定期的にリストを見直し更新することで、常に最新の自分に合ったリストを持つことができます。このようにリスト作成を楽しみながら行えば、その過程自体が自分自身を高める貴重な時間となるでしょう。

まとめ

20代は人生の大事な時期で、この時代に「やりたいことリスト」を作ることは、自分自身の未来を形作る大きなステップとなります。人生の羅針盤とも言えるものとして、目標設定や自己分析にも役立つでしょう。特に20代でリストを作る意義は、自分が何を求め、どう生きたいのかを明確にすることです。

リスト作成時には、家族やお金、行きたい場所など、さまざまな角度から自分の欲求を理解しましょう。自分自身の欲求に誠実であり、リストの作成を楽しみながら行うことがポイントです。

やりたいことリストが20代の人生に与える影響は大きいです。自分自身の未来をデザインするためにも、ぜひリスト作成に挑戦してみてください。