fbpx

MaaSとは?交通サービスの進化で働き方は変わるのか【2030年に生まれる新業界:気になるテーマ】

MaaSとは?交通サービスの進化で働き方は変わるのか【2030年に生まれる新業界:気になるテーマ】
2023年3月21日

近年、MaaSという言葉をよく耳にするようになりました。

MaaSとは、Mobility as a Serviceの略称で、複数の交通手段を統合したサービスのこと。スマートフォンやパソコンなどからアクセスすることで利用できます。

都市部では渋滞や公共交通機関の混雑などの課題がありますが、MaaSによりこれら都市部の課題が解決されるとして注目されています。

MaaSは、こうした課題を解決するために交通手段を統合し、スムーズな移動を実現することを目的としています。

MaaSとは?

MaaSとは、Mobility as a Service(モビリティ・アズ・ア・サービス)の略称で、直訳すると「サービスとしての移動」です。

さまざまな種類の交通サービスを、ICT(情報通信技術)を活用してシームレスに結びつけ、マイカー以外の交通手段をひとつのサービスとして提供する概念であり、国土交通省では以下のように説明されています。

MaaS とは
MaaS(マース:Mobility as a Service)とは、地域住民や旅行者一人一人のトリップ単位での移動ニーズに対応して、複数の公共交通やそれ以外の移動サービスを最適に組み合わせて検索・予約・決済等を一括で行うサービスであり、観光や医療等の目的地における交通以外のサービス等との連携により、移動の利便性向上や地域の課題解決にも資する重要な手段となるものです。

国土交通省「日本版MaaSの推進」

MaaSの概要

従来の交通サービスでは、バスや電車などの公共交通機関、タクシーやレンタカーなどの個人用車両、自転車や歩行などの自力移動など、それぞれを別々に利用する必要がありました。

しかし、MaaSではこれらを一元管理し、利用者がスマートフォンやパソコンなどからアクセスすることで、自由自在に交通手段を組み合わせて利用できます。

例えば、駅から自宅までの最後の数百メートルをシェアサイクルで移動したり、移動中にビジネスミーティングの準備をしたりと、移動時間を有効に使うことができます。

MaaSは、利用者の利便性向上だけでなく、地球環境への負荷軽減や都市部での交通渋滞の緩和など、社会的な課題の解決にも貢献することが期待されています。

MaaSの背景について解説

MaaSの背景には、都市部の交通渋滞や公共交通機関の限界など、従来の交通サービスが抱える課題がありました。

テクノロジーの進化により、スマートフォンなどのモバイル端末から交通サービスを簡単に利用できるようになったことも、MaaSが注目される理由の一つです。

MaaSは、交通手段を自動車から公共交通機関や自転車、シェアリングサービスなど、多様な手段から選択できるようにすることで、よりスムーズで便利な移動を実現することが期待されています。

さらに、交通サービスを統合したMaaSプラットフォームの普及によって、従来の交通サービスとは異なる新たなビジネスモデルが生まれることも予想されています。

MaaSはSDGs(持続可能な開発目標)にも合致するため、地球環境問題に対する対応策としても注目されています。都市部の渋滞や排出ガス削減など、MaaSが解決する課題は多岐に渡ります。

今後、MaaSによってよりスマートで持続可能な都市交通の実現に期待されます。

MaaSが解決する都市の課題

都市部では渋滞や交通事故、大気汚染などの交通に関する問題が深刻化しています。交通手段によってはコストが高く、時間のロスも多く、移動にストレスを感じることもあります。

これらの点においてMaaSが注目されています。

例えば、アプリで交通手段を検索・予約・支払いができるようになることで、乗り換えの手間や時間のロスが減り、よりスムーズな移動が可能になると期待されています。

また、公共交通機関の利用率が向上することで、渋滞や大気汚染の軽減につながるというメリットもあります。

このように、MaaSは都市部の交通問題の解決に向けた新たなアプローチとして注目されており、今後の発展に期待されています。

MaaSがもたらす働き方の変化

MaaSにより、自動車や自転車、公共交通機関、シェアリングサービスなど、交通手段を多様な手段から選択できるようにすることで、スムーズで便利な移動を実現することが期待されています。このような交通の自由度が高まることで、働き方にも大きな変化が起こるのではないでしょうか。

通勤時間の有効活用

例えば、自宅から最寄り駅まではバス、駅から会社までは自転車という経路を選択すれば、通勤中の運動や読書、スマートフォンを使った調べ物などが可能になります。交通手段の組み合わせ次第では、通勤時間が短縮される場合もあります。

業務上の移動や出張でのメリット

自動車から公共交通機関に切り替えることで、交通費の節約や時間の短縮につながりケースもあるでしょう。レンタカーやシェアリングサービスなどを利用することで、車の手配や駐車場を探す手間も省くことができます。

企業側にもさまざまなメリットがある

従業員が自由に交通手段を選べるようになることで、企業側にもさまざまなメリットがうまれます。交通費の節約はもちろんのこと、社員のモチベーション向上やストレス軽減にもつながります。

さらに、企業側でMaaSを導入することで、社員の交通手段の統計情報を把握することができ、効率的な通勤手段の提案や健康管理の観点からの取り組みが可能になります。

MaaSがもたらす働き方の変化は、単なる交通手段の自由度の高まりにとどまりません。これまで以上に自由度の高い働き方を実現することで、企業の成長にもつながるでしょう。

MaaSによって生まれる新たなビジネスモデル

MaaSによって生まれる新たなビジネスモデルとして、以下のようなものが期待されています。

交通手段提供者間の連携

従来の交通サービスでは、それぞれが独自のサービスを提供していましたが、MaaSによって異なる交通手段を一つのアプリで提供が可能です。これによりスムーズな移動を実現し、今後は交通手段提供者間の連携がさらに進むことで、高度なサービスの提供に可能に期待されます。

サブスクリプション型サービスの拡大

MaaSでは、自動車やバイク、自転車などの移動手段を定額制で提供するサブスクリプション型のサービスが増加しています。従来の交通サービスにはなかった新しいビジネスモデルとして注目されています。

データ分析によるサービス提供

MaaSでは、ユーザーが利用する交通手段の履歴や位置情報などのデータを収集・分析することで、効率的なサービスの提供が可能になります。例えば、交通渋滞の時間帯やルートを分析することでスムーズに移動できるようになるでしょう。

以上のように、MaaSによって新たなビジネスモデルが生まれ、交通サービス業界が変革されることが期待されています。

業界に求められる人材

MaaS(Mobility as a Service)が普及する未来において、交通事業者や自動車メーカー、自治体など、関連する業界に求められる人材は大きく変化すると予想されます。

これまでの交通サービスに加え、MaaSはデジタルテクノロジーやAIの活用により、新たな価値提供が可能になります。そのため、ITやデータ解析などの技術を持つ人材が求められる一方で、ビジネスモデルの構築や利用者のニーズに応えられるマーケティング人材も必要不可欠です。

このような変化に対応するためには、関連する業界の人材育成が必要です。例えば、ITスキルの向上や専門的な研修の受講、異業種交流などが有効な手段となります。

MaaSによって交通が大きく変化する未来に備えて、業界関係者はスキルアップに取り組んでいく必要があります。

また、MaaSの普及により、交通インフラの整備や都市計画に関する専門家の存在も求められます。業界が抱える課題やニーズに合わせ、多様なスキルや専門性を持つ人材の活躍に期待されます。

働き方の変化に備えて

MaaS(Mobility as a Service)が普及する未来において、関連業界以外でも求められる能力に変化が起こってくるでしょう。

具体的には、以下のようなスキルや能力が求められるようになるでしょう。

デジタルスキルの向上

MaaSはデジタルテクノロジーによって実現されるため、デジタルスキルの向上が必要になるでしょう。特に、スマートフォンやアプリを活用した利用方法の習得が重要です。

移動手段の選択肢の理解

MaaSによって、従業員の移動手段が多様化するため、それぞれの移動手段のメリットやデメリットを理解し、適切な移動手段を選択するスキルが求められます。

フレキシブルな働き方の実践

MaaSによって、柔軟な働き方が求められるようになるため、従業員はフレキシブルな働き方に適応できるスキルが必要です。

コミュニケーションスキルの向上

MaaSだけに限らずテクノロジーの活用により、複数の企業や多くの関係者とのやりとりが必要となります。そのため、従業員はコミュニケーションスキルの向上が求められます。

これらのスキルや能力を身に付けるためには、従業員自身の積極的な取り組みが必要です。企業側も、従業員のスキルアップを支援する研修や柔軟な働き方の導入などに取り組む必要があるでしょう。

MaaSの普及に備えて、従業員と企業が共に取り組むことで、働き方の変化に対応できるようになるはずです。

まとめ

MaaSは、都市部の渋滞や地球環境の問題に対応する新しい交通サービスであり、従業員や業界関係者には新たなスキルが求められます。

デジタル技術やマーケティングのスキルが必要な一方、従業員は柔軟性や協調性を備える必要があります。

今後は、業界関係者や従業員が積極的にスキルアップに取り組み、MaaSが進む未来に備えることが重要です。

MaaSが普及する未来に向けて、従業員や業界関係者が持つべきスキルや能力を身につけ、新たな働き方に対応していくことが必要です。