fbpx

技術と技能の違いとは?製造現場における言葉の意味

技術と技能の違いとは?製造現場における言葉の意味
2023年5月16日

複業キャリア支援プログラム 無料体験会

複業キャリア支援
プログラム 無料体験会

複業への第一歩を踏み出し
新たな可能性を拓こう!

技術と技能は、製造業において重要な要素であり、効率的な生産を追求するうえで適切に活用すべきです。しかし、これらの違いやどのように活用すべきかについては、一般的にはあまり認識されていません。

そこで、この記事では、製造業に特化した視点で技術と技能の違いを、それぞれの用語の使い方も含めて確認したいと思います。技術と技能の違いを理解して、業務に活かしていただければと思います。

監修
森田 秀司 さん

大学卒業後、外食産業を経て人材サービス業界に入り、業界経験20年。転職エージェント9年、再就職支援3年、人材派遣5年の他、自身も派遣社員として2年半の就業経験があり、多種多様な働き方の支援に携わる。その後、京都地場の人材サービス会社にて、エンジニア専門転職エージェントサービスの立ち上げ、自社採用業務、派遣事業管理に携わる。人材紹介の仕事について日々思うことをnoteで配信中

大学卒業後、外食産業を経て人材サービス業界に入り、業界経験20年。転職エージェント9年、再就職支援3年、人材派遣5年の他、自身も派遣社員として2年半の就業経験があり、多種多様な働き方の支援に携わる。その後、京都地場の人材サービス会社にて、エンジニア専門転職エージェントサービスの立ち上げ、自社採用業務、派遣事業管理に携わる。人材紹介の仕事について日々思うことをnoteで配信中

技術と技能の違い

「技術」と「技能」は、普段何の気なしに使われていますが、正確に使い分けようとすると、正しい意味合いを把握しておく必要が出てきます。

技術とは

技術とは、ものごとを取り扱ったり、処理したりする際の方法や手段といった意味の言葉です。また、そうしたことを行うわざも指します。 技術は知識として学ぶことができ、言葉や記号によって伝えることができます。

技能とは

技能とは、「あることを行うための腕前、能力」を意味する言葉です。ものごとを行うにあたって、よりスムーズにうまく遂行できる技量を意味します。技能は主に個人の経験を通じて獲得するという点が、「技術」との違いと言えます。

技術職と技能職の違い

製造業において、技術職と技能職は異なる役割があります。それぞれの職種の特徴や仕事内容を理解することで、適切な働き方やスキルアップのポイントを見つけることができます。

技術職とは

技術職は、製造業において、主に技術的な知識や理論を駆使して業務を遂行する職種です。技術職の方々は、製品設計や生産プロセスの最適化、機械のメンテナンスや故障対応など、専門的なスキルを活用して効率的な生産を実現します。また、新しい技術の導入や研究開発も技術職の重要な業務です。技術職には、エンジニアや技術者、設計者などが含まれます。

技能職とは

技能職は、製造業において、手作業や機械操作を中心とした実践的なスキルを活用して業務を行う職種です。技能職の方々は、組み立てや加工、検査などの作業を通じて、製品の品質や生産効率を向上させる役割を担います。技能職は、長期間の経験や熟練度が重要とされるため、現場での実践を通じてスキルを磨くことが求められます。技能職には、職人や作業員、検査員などが含まれます。

それぞれの仕事内容

技術職と技能職では、それぞれ業務内容は異なります。技術職と技能職の違いを理解することで、自分の職種に合ったスキルの習得やキャリアパスを見つけることができます。

また、製造業においては、技術職と技能職が協力しながら業務を進めることが重要です。技術職が新しい技術や設計を開発し、技能職がその技術を活用して製品を生産することで、全体の生産効率の向上が期待できます。

それぞれの仕事内容を理解し合い、協力することが、効率的な生産を実現するためには欠かせません。お互いに連携し、それぞれの専門性を活かして最高の結果を追求することが求められます仕事です。

技術職と技能職の違いを理解し、それぞれの職種が持つ強みを活かすことが、製造業において効率的な生産を実現するための鍵となります。

職場で技術と技能を活かすためには

製造業において、技術と技能のバランスをうまく活用することが、生産効率を向上させる重要なポイントです。

技術と技能のバランスを取る

仕事内容でも述べたとおり、技術と技能のバランスを適切に取ることが重要です。技術職は、新しい技術の導入や開発を行い、生産効率の向上に寄与します。一方、技能職は、高度な技術を実際の現場で活用することで、品質向上やトラブル対応に貢献します。両者をうまく組み合わせることで、製造業の競争力を高めることができます。

新しい技術を導入することで生産効率を上げる

新しい技術の導入は、製造業における生産効率向上に大きく貢献します。例えば、IoTやAI技術を活用した機械やシステムを導入することで、労働力の削減や生産速度の向上が期待できます。また、新しい技術を取り入れることで、従来の技術や技能では解決できなかった問題に対処できるようになります。

人を育て技術力を高める

製造業の競争力強化は、技術職と技能職のスキルアップに大きく依存します。技能職は、研修や教育プログラムを通じて具体的な技能を習得し、情報共有や技術指導を行います。一方、技術職は最新の技術動向を把握し、専門知識を深めるために研修や教育プログラム、メンターシップが必要です。これらの取り組みにより、生産効率と品質を全体として向上させることができます。

スキルアップするためのアプローチ

自ら主体的に学び、スキルアップするためには、効果的なアプローチが求められます。自ら学び、スキルを向上させるための基本的なポイントを押さえておきましょう。

目標設定と計画立案

まず、自分自身で目標を設定し、計画を立てることが大切です。技術職であれば、新しい技術を習得する目標を立て、技能職であれば、現場での技術の適用力を向上させる目標を設定します。そして、目標達成に向けて、適切な学習方法やスケジュールを計画しましょう

実践を通じた学び

技術職も技能職も、実践を通じて学ぶことが重要です。技術職は、新しい技術を試験的に導入し、その効果を検証することで学びます。一方、技能職は、現場での技術の適用を通じてスキルを磨きます。実践を通じた学びは、理論だけでは得られない経験や知識を提供します。

他者との協力・交流

他者との協力や交流も、スキルアップに欠かせません。同僚や他部署のメンバーと情報交換を行い、互いに学び合うことで、新たな知識や技術を得ることができます。また、外部の専門家や業界のイベントに参加することも、視野を広げ、スキルアップにつながります。

定期的な評価とフィードバック

自分自身で定期的に評価し、フィードバックを行うことも重要です。自分が設定した目標に対して、進捗状況をチェックし、必要に応じて計画を見直すことで、効果的な学びが可能になります。他者からのフィードバックを受け入れることで、自分が気づかない課題や改善点を発見でき、スキルアップにつなげることができます。

継続的な学びの習慣化

技術や能力を高めていくには、一度ではなく絶えず努力し続けることで成果が出るものです。そのため、継続的な学びを習慣化することが大切です。日々の業務の中で学ぶ機会を見つけ、自分自身で学び続ける習慣を身につけましょう。継続的な学びは、技術や技能の向上だけでなく、自分自身の理解やキャリアアップにもつながります。

まとめ

製造業における技術と技能の違い、そして技術職と技能職の違いを理解し、自身の役割に適したスキルを磨くことは大切です。これらの違いを把握し、最大限活用することは、生産効率の向上と品質維持に不可欠です。

「技術」は、学びと共有が可能な方法や手段を示し、「技能」は経験を通じて磨かれる特定の能力を指します。製造現場では、技術と技能は互いに補完しあう独自の役割を果たします。

スキルや経験は、目標設定、学んだことの実践、そしてフィードバックの取得を通じて身につきます。これらを日々の習慣にすることが、自己成長を促し、新たな可能性への扉を開く鍵となります。