転職サイトの種類と基本的な使い方|それぞれの特徴を知り上手に転職サービスを活用しよう

2021年5月12日
働き方コラム
転職サイトの種類と基本的な使い方

仕事に対してやりがいや給与の向上を求めている方であれば、転職を検討することも少なくないでしょう。

転職に関するさまざまなサービスがありますが、「転職サイト」を活用することで希望の仕事に就職しやすくなります。

ここでは、転職サイトの概要を紹介するとともに、上手に転職サイトを使うポイントをお伝えしたいと思います。

転職サイトの種類

転職サイトは、その名の通り転職希望者向けに用意されたWebサイトのことです。ただ、転職サイトとは一口に言っても、その形態・サービス内容にはいくつかの種類が存在します。

そこで、まずは転職サイトにはどのような種類があるのか、説明していきます。

直接応募型サイト

転職サイトの種類として、代表的なのが直接応募型サイトではないでしょうか。

紙媒体として主流な求人誌の電子版といった形式で、登録している企業の求人情報が掲載されています。

直接応募型サイトのメリットは、やはり数多くの求人情報を効率よく検索できるところです。

求人誌の場合は巻頭辺りに掲載されている一覧からページ数を確認する必要がある一方、直接応募型サイトであればキーワードや条件をもとに検索するだけで、希望の求人情報を探すことができます。

効率よく求人を探すのであれば、求人を多数掲載する転職サイトを利用するのが良いでしょう。

ただし、サービスによって掲載されている求人が違うため、求人に対してこだわりがある場合、探すのが少し大変になってしまうというデメリットもあります。

スカウトサービス

スカウトは、転職希望者が職歴や資格、ポートフォリオなどを登録し、企業側がそれらを参照しつつ人材をスカウトするという転職サイトのサービス形式です。

企業側から直接スカウトしてもらえるため、採用プロセスの一部免除されることもあり、求人に応募するよりも企業側の関心が高いというメリットがあります。

また、求人情報を探す必要がないため、転職する際の手間を省けるのも魅力でしょう。

現代では即戦力を求める企業も多いため、ニーズが高まっているサービス形式と言えます。

ただし、職歴や資格などの情報でしかアピールすることができないため、面接で勝負したい方などにとっては少し不向きな形式です。

また、実績がないとそもそもスカウトすらされないというリスクもあります。

転職エージェントサービス

転職希望者の中には、「ひとりで転職活動ができるか不安」という方もいるでしょう。

そういった方におすすめなのが、「転職エージェント」というサービスです。

利用者一人につき転職をサポートしてくれるエージェントが一人つき、転職先の希望を伝えると、求人探しから応募まで代理で行ってもらえます。

手続きのすべてを代行してもらえるため、転職の手間を省くことができ、転職活動がスムーズに進むのがメリットです。

また、直接応募型サイトなどには掲載されないような、限定された求人に応募できることも特徴と言えます。

転職サイトの上手な使い方

転職サイトにはいくつか種類があり、それぞれに適した使い方があります。ここからは、前述した3つの種類に合わせた使い方・活かす方法について解説していきます。

直接応募型サイトの使い方

直接応募型サイトはシンプルに求人情報が掲載されているため、特に希望の職種・業界が決まっていないのであれば、トップページの一覧を順に見ていくといった使い方がおすすめです。

トップページには幅広いジャンルの求人が掲載されているため、検討もしていなかった職業に出会える可能性もあります。

しかし、希望の職種・業界が決まっている場合、一覧から探していくことは手間のかかる作業になるかもしれません。

希望する業界や業種がある場合は、検索機能の使い方がポイントとなります。

多くの公募型の求人を掲載する転職サイトでは、ほとんどの場合検索機能を設けています。

例えば「アパレル業界で、給料は○○円以上、勤務時間は○○時間がいい」といった希望があれば、検索の設定から業界・職種、給料の金額、勤務時間を指定して検索します。

設定できる項目はサイトによって異なりますが、上手く検索機能を使いこなせば、求人を探す負担も軽減されるでしょう。

スカウトサービスの使い方

スカウトサービスを十分に活かすには、できるだけ”登録情報を充実させる”ことがおすすめです。

企業側は、スカウトしたい人材を探すわけですから、当然その人の詳しい情報について知りたいでしょう。

どれだけ魅力的な資格を保有していたとしても、職歴が書かれていない人材をスカウトしたいと考える企業はほとんどありません。

資格はもちろん、職歴についてもピックアップできる要素はすべて登録していくと、人材としての情報も豊富になり、スカウトされる可能性も高くなります。

ただし、脈略なく書けることをかけるだけ登録すればいいということではありません。

求人を探すのと同様、企業側もスカウトする人材についてある程度候補は絞りたいものです。

例えばコンピュータ関連の資格をもとに探す場合、コンピュータ関連の資格を登録していたとしても、その他に漢字や土木など全く分野の違う資格まで登録していれば、情報の可視性が下がってしまいます。

スカウト率を上げるためには、「こういった企業からスカウトしてほしい」とある程度目星を付けておき、それに関連した情報を登録していくのがコツです。

転職エージェントサービスの使い方

転職エージェントの場合、”本業が忙しく転職活動に時間が取れない”という場合に頼りたいサービスだと言えます。

転職の際に必要な作業を全て代行してくれるのは転職エージェントのメリットであり、そのメリットをしっかり活用すれば本業に本業に負担をかけずに転職活動をすることも容易になります。

仕事を続けながら転職をしたいという場合に活用するのがおすすめです。

また、しっかりサービスを活かすためにも、カウンセリングの段階で希望する職種などについて詳しく伝えておくようにしましょう。

ここでしっかり希望を伝えられなければ、エージェントも求人を探すのが難しくなり、希望の転職先を見つけづらくなってしまいます。

主な転職サイト

【初めての転職】情報収集と自己分析から!副業としてチャレンジできる仕事もチェックしよう。
求人情報専門の検索エンジンが普及するなど、転職に関する情報はあらゆるところで入手できるようになりました。 しかし、いざ転職を考えたときに何から手を付けたらよいの…
4510.omoroiworks.com

転職サイトは上手に活用しよう

転職サイトにはいくつか種類があります。それぞれに適した使い方をすることで、十分にサービスの恩恵を受けることができるでしょう。

一方、転職したいという思いだけでただ闇雲に転職サイトを利用しても、希望の転職に繋げるのは困難です。

転職サイトの利用を検討している方は、自身の転職理由を整理したうえで、状況にあったサービスを活用しましょう。