fbpx

転職するのにベストなタイミングはいつ?年齢別に最適な転職時期を解説

転職するのにベストなタイミングはいつ?年齢別に最適な転職時期を解説

こちらもおすすめ!

転職するならどんなタイミングがベストと考えられるのかが気になっていませんか。転職は大きな契機になるので最適なタイミングを選びたいと思うのがもっともなことでしょう。

この記事では一般的な転職に最適なタイミングの考え方をまとめました。年齢別のおすすめな転職時期についても解説するので、今が転職のタイミングかどうかを考えてみてください。

波多楽くん
波多楽くん

転職はその後の人生に大きく関わるので慎重になりがちです。また、今の職場に不満があるからという理由だけで転職するのも危険です。転職を決意するタイミングはどんな時なのでしょうか?

転職にベストなタイミングとは

転職のベストタイミングは仕事とプライベートに対する考え方によって異なります。転職は人生の転機になるので、何かきっかけがあるタイミングを選ぶのが重要なポイントです。一般的に好まれるタイミングをまずは確認しておきましょう。

新しい仕事にチャレンジしたいとき

前向きに新しい仕事に興味を持ってチャレンジしたいと思ったときは絶好のタイミングです。転職して新しい仕事をするには勉強しなければならないこともたくさんあります。苦労を乗り越えるためのモチベーションが溢れているときなので、転職してから成功する可能性は高まるでしょう。

将来に不安を感じたとき

今の仕事に不安を感じたときも転職を検討する良いタイミングです。業界や勤め先の事業に限界を感じ、将来が心配になったときには転職して明るい未来を切り開いた方が良い場合があります。あらためて自分の適性ややりたいことを考えて転職先を考えると、生涯をかけて成し遂げたい目標を掲げて働ける職場と出会える可能性があります。

プライベートの節目が来たとき

プライベートの節目が来たときも転職するタイミングだと言えます。仕事とプライベートには密接な関係があります。ライフステージが変わったときには働きやすくするために転職する、働ける時間が増えたから転職するといった決断をするタイミングとして合理的です。

ワークスタイルを変えたいと思ったとき

自宅で働きたい、勤務日や勤務時間を変えたいと思ったときも転職の好機です。ニューノーマルの時代になり、リモートワークをする人も多くなりました。自分なりのワークスタイルを実現したいという気持ちが湧いてきたら、転職して理想のワークスタイルにするとストレスなく働けるようになります。

年代別のベストな転職タイミングとは

転職に最適なタイミングは年齢によって違います。年代別に転職するのにベストなタイミングを解説するので参考にしてください。

20代の場合

20代の場合には早めの転職がベストです。経験的には浅いので即戦力として受け入れてもらえる可能性はそれほど高くありませんが、第二新卒として採用される段階なら採用枠が広く、新しい仕事にもチャレンジしやすくなります。

30代の場合

30代の場合には自信を持って対応できる仕事・スキルが持てたときが転職が検討できるタイミングです。30代の中途採用は即戦力が原則になるので、強みを生かせることをアピールする必要があります。明確な成果を出して自信を持ち、次に進みたいと思えたときは転職するのにうってつけのタイミングです。

40代の場合

40代の場合にはマネジメントを経験したタイミングがベストです。中途採用で40代の採用を検討する場合はマネジメント層を求めているケースが多くなります。技術職の場合には他の人にはできないスキルを示せれば採用してもらえるチャンスがありますが、一般職ではマネジメントスキルをアピールできる実績を持って転職を検討するのが無難でしょう。

50代の場合

50代の豊富な経験やスキルに期待する企業は増えています。採用する側は即戦力として期待しており、できるだけ早く経験やスキルを発揮して欲しいと考えるでしょう。しかし、それでも他の年代に比べると転職の条件は厳しくなるため、幅広く時間をかけて転職活動を行い、自身の経験やスキルを活かせる企業と出会えることがポイントと言えます。

ライフスタイルに合わせた転職タイミングとは

転職はライフスタイルとも重要な関係にあります。ライフステージの変化に合わせたベストな転職タイミングについても確認しておきましょう。

結婚したとき

結婚するとライフスタイルが大きく変化します。パートナーと相談して、お互いに納得できる働き方ができるようにするのが大切です。転職して在宅ワークをできるようにしたり、近い職場で働けるようにしたりすると公私ともに充実するようになります。

出産したとき

出産すると子育てのために時間を費やす必要が生じるので、転職してワークライフバランスを整えるのが重要です。女性だけでなく男性も子育てにどのような貢献をしていくかを考えましょう。夫婦でベストなやり方を話し合ってみると、どちらかが転職した方が良いという結論になることはよくあります。子育ても仕事も両立させられる働き方を夫婦で考えて、必要に応じて転職しましょう。

子供が独立したとき

子供が育って家を出ていくときも転職に最適なタイミングです。子育てが終わると時間に余裕ができるので、仕事に注力することが可能になります。子育てをしていた時期に培ってきたスキルや経験を生かして、何をしたいかを考えるのにもうってつけのタイミングです。シニアになってからの働き方を考える必要がある時期にも差し掛かっているので、今後の生き方を考えて転職も検討するのがおすすめです。

転職すべきではないタイミングとは

転職のタイミングを見誤ると人生に大きな支障がある場合もあります。問題が起こり得るタイミングは避けた方が良いので、転職すべきではないタイミングがいつなのかを把握しておきましょう。

収入の安定が必要なとき

プライベートを考えて収入を安定させる必要があるときは転職すべきではありません。転職先によって収入が上がるか下がるかは違いますが、キャリアや経験を最大限に生かせないと収入が下がることもよくあります。基本給が上がってもみなし残業や裁量労働制で残業代が出ない、手当が減って収入は減ってしまうといったケースもあります。子育て中のように収入を安定させる必要があるときにはむやみに転職しないようにしましょう。貯蓄が十分にあるときでも収入の減少は不安を大きくしてしまい、仕事のストレスを増やす原因になります。パートナーの収入が十分にあって家計的に問題がないなら転職しても大丈夫な場合もありますが、当面は転職を控えた方が安心です。

スキルアップやキャリアアップの最中のとき

今の職場でスキルアップやキャリアアップをしている最中なら転職は避けた方が良いでしょう。スキルの習得は自分の価値を上げることに直結します。キャリアアップをしてマネジメント経験を積むことも自分の人材価値を高めることになります。まだスキルが未熟な段階や、マネジメント層に入って経験年数が短い段階で転職してしまうと将来展望の雲行きが怪しくなるリスクがあるので注意が必要です。自信を持ってスキルを身に付けた、キャリアを上げたと言い切れるようになってから転職しましょう。

まとめ

転職するのにベストな時期は置かれている状況によって違います。年齢による違いも大きいので、自分の将来をよく考えていつ転職に踏み出すべきかを考えましょう。

ニューノーマルの時代になり、働き方の多様性が高まっています。今後の働き方を考えて、より良い形があると気づいたら今がタイミングだと考えて転職の検討を始めましょう。

波多楽くん
波多楽くん

転職することで働く環境が大きく変わります。タイミングもありますが、最後は自分自身の決断で後悔のない転職にしてくださいね!