fbpx

ロボット産業とは?【2030年に生まれる新業界!?気になるテーマ】

ロボット産業とは?【2030年に生まれる新業界!?気になるテーマ】
2023年2月21日

複業キャリア支援プログラム 無料体験会

複業キャリア支援
プログラム 無料体験会

複業への第一歩を踏み出し
新たな可能性を拓こう!

日々、新しい技術が生まれています。暮らしの変化が早く、2030年という近い未来でさえ予測することが難しく感じます。

人工知能・機械学習、バイオテクノロジー、産業用5G・IoTなどは、現在も進化を続けている産業であり、技術の進化に伴って新たな分野が生まれる可能性もあります。

そこで、この記事では私たちの生活にも大きな影響を与えると考えられるロボット産業についてご紹介します。

ロボット産業とは

ロボット産業とは、ロボットや自動化装置などの製造・販売・サービスを手掛ける産業を指します。

これには、工業用ロボットの製造・販売、ロボットアームの製造・販売、ロボットシステムの設計・開発・導入などが含まれます。

また、ロボット技術を活用した新たなサービスの提供も含まれています。近年、ロボット産業は急速な成長を見せています。

特に工業用ロボット、医療用ロボット、サービス用ロボットなどさまざまな分野での利用が増加しています。

AI(人工知能)や自律制御技術などの新技術の進歩に伴い、今後もさらなる発展が期待されています。

また、労働力不足や高齢化など社会課題の解決に向けた利用も期待されています。

ただ一方で、労働市場への影響や課題なども指摘されています。

今後もロボット産業の発展や活用に関連する政策や取り組みが注目されることが予想されます。

ロボット産業に欠かせないテクノロジー

ロボット産業は、近年急速な進化を遂げています。

これは、さまざまな新技術のアップグレードが加速しているためです。

新技術により、ロボットはより高度なタスクを実行できるようになり、人間の働きを支援することも可能になっています。

IoT

IoT(Internet of Things)技術は、ロボットに外部とのインターネット通信能力をもたせます。

これにより、遠隔からの操作やより正確な情報収集が可能になります。

さらに、モバイル端末からの複数のロボットの同時操作も実現されています。

人工知能(AI)

人工知能(AI)技術は、ロボットに学習能力をもたせます。

これにより、周囲の状況や人間の動作に対して反応したり、使い方に応じて学習することができます。

これにより、正確性や効率性を高めたりすることが可能になります。

その他技術の進歩

ロボットアーム技術も進化しており、より小型で高度なタスクを実行できるロボットアームが開発されています。

これにより、工業製品の生産工程での人的な作業を代替することもできるようになりました。

さらに、3Dプリンティング技術も向上しており、高精度な部品の製造など、製造現場での活躍が期待されています。

これらの新技術により、ロボット産業はより高度なタスクを実行することができ、人間の働きを支援することも可能になりました。

今後も、さらなる進化が期待されます。

ロボット産業に期待されること

ロボット産業は、労働力不足や高齢化などの社会課題に対して、さまざまな形で役立つと考えられています。

労働力不足の問題に対しては、労働者の代替や補完をすることで解決に向けた役割が期待されています。

また、高齢化社会においては、代替労働力としての利用や、老齢者の医療や介護などの支援に役立つことが期待されています。

このような社会課題に対して、ロボット産業は大きな役割を持つことが期待されています。

労働力不足の問題を解決するために、ロボットはさまざまな産業や業種で導入されています。

主な事例としては、以下のようなものがあります。

製造業自動化や大量生産に向いている作業をロボットが行うことで労働力の不足を解消します。
食品加工業清掃作業や生産ライン上での作業などをロボットが行うことで労働力の不足を解消します。
医療/介護業高齢者などの医療・介護に向いている作業をロボットが行うことで労働力の不足を解消します。
建設業建設作業や荷役作業などをロボットが行うことで労働力の不足を解消します。

このような業種で、ロボットの導入によって労働力の不足が解消に期待が寄せられています。

ロボット産業への不安・懸念点

ロボット産業においては、労働市場へのインパクトや課題として以下が指摘されています。

労働力の置換

ロボットの導入により、一部の仕事が人間からロボットに置換され、労働力の減少や失業の増加などの問題が生じる可能性があります。

技術の向上により、効率化される一部の仕事は必要な労働力が減少することで、技術力が必要な仕事に就く労働者はメリットを得ますが、技術力がない労働者には脅威となり得るでしょう。

社会的不平等

さらに、ロボットの導入により、労働力の不均衡や不平等が生じる可能性があります。

一部の仕事が効率化され、仕事の負担が減少することで労働者がメリットに感じることもあれば、他の労働者の仕事内容は変わらない、もしくは先ほど述べた通り仕事を失う可能性すらあります。

ロボットに代替されると予測される仕事

ロボット技術の進歩に伴い、より効率的かつ高精度な仕事が期待されるため、代替される可能性が高いと考えられる仕事もあります。

単純な作業や手間のかかる作業、作業環境が厳しい仕事、決まったパターンで行われる作業など、主に製造業やサービス業などでの業務が特徴としてあげられます。

具体的には以下のような仕事が代替される仕事の代表的なものです。

製造作業一定のルールに基づいて物理的な作業を行うタスク、例えば工場の組立ラインやパッケージングなど。
事務作業 複数のタスクを要求する事務作業、例えばデータ入力や文書整理など。
配送作業 物品の配送や運搬などを行うタスク、例えば荷物配送や搬出作業など。
掃除作業場所の掃除や整理を行うタスク、例えばオフィス掃除や清掃など。
過酷な作業現場高温や重量などの労働条件が良くない作業、例えば鋼鉄製造や鉱業など。

このように、ロボット産業においては、労働市場への影響や課題が懸念されています。

ロボットの活躍事例「スマート農業」

スマート農業は、農業を支援する技術を活用して、効率的かつ環境に優しい農業を実践することを指します。

これには、デジタル技術、センサー技術、ロボット技術などが含まれます。

スマート農業は、生産性の向上と環境保護に貢献するとともに、農業者の作業負担を軽減することも目的としています。

自動運転が可能な農機

GPSを使って正確な位置を把握し設定済みの作業ルートを自動で走行します。

経験の浅い人も熟練者と同じように作業できます。

さらに自動運転田植機では、作業者は苗を入れるだけでよく、田植えの精度と効率の向上に期待できます。

散布などに使えるドローン

大規模な農場での作業に特に有効です。

大量の肥料や農薬を均等に散布することができるため、農作物の生育に対する影響も最小限に抑えられます。

収穫ロボット

手作業での作業を効率的かつ確実に行うことができます。

特に、作業効率の向上と人手不足を解消するために、採用されています。

また、収穫ロボットは作業現場に応じてカスタマイズされることもあり、より効率的な作業が可能になります。

まとめ

新技術との連携により、ロボット産業はこれからさらに進化するでしょう。

クラウド上のAIと情報処理能力を活用し、ロボット、センサー、家電などのIT機器が連携するクラウドロボティクスなど、多様で高度なサービスの開発が進んでいます。

クラウドロボティクスの世界市場規模は2022年から2030年の予測期間で年平均成長率25.3%で推移し、2030年には350億米ドルに達すると予想されます。

ロボット産業の成長は他の分野にも影響し、私たちの生活を大きく変える可能性があります。

まずは身近なところから、ロボットとの関わりを探してみてください。

こちらもオススメ
これから伸びる業界&将来が危ぶまれる業界とは?今後求められるスキルも紹介!
仕事を探すうえで重要なポイントの一つに、なるべく将来有望な業界の会社を選ぶという点が挙げられます。せっかく苦労してキャリアを重ねても、肝心の会社が成長して行かな…
4510.omoroiworks.com