fbpx

水素ビジネスとは?【2030年に生まれる新業界!?気になるテーマ】

います。水素は「将来的にクリーンで安全なエネルギーとして重要な一部となっていくだろう」と世界規模で考えられているのです。この記事では、将来的に注目されている水素ビジネスとは何か、どのような社会的影響があるのか、関連する業界の取り組みなどを解説します。

フードテックとは?【2030年に生まれる新業界!?気になるテーマ】

食品産業ではフードテックという概念が浸透しつつあります。業界全体の新しい指針といっても過言ではないため、この分野への転職を希望しているなら、早めに理解しておくことが大事です。 必要性や社会に与える影響など、今回はフードテックについて詳しく解説。企業の取り組み方なども紹介します。

グリーンエコノミーとは?【2030年に生まれる新業界!?気になるテーマ】

2020年10月、日本政府は2050年までに温室効果ガス全体の排出量をゼロにするカーボンニュートラルを宣言しました。この目標を達成するには、まず2030年に温室効果ガス全体の排出量を46%削減する必要があります。そこで重要になるのが、グリーンエコノミーと呼ばれる環境に配慮した新しい経済の導入です。

カーボンニュートラルとは?【2030年に生まれる新業界!?気になるテーマ】

カーボンニュートラルという言葉を知っている人でも、くわしい内容までは把握していないケースも多いです。今後ますます注目度が高まっていく取り組みであり、社会はその影響をさまざまな面で受けることになります。 ニーズの高い職業や業界を探しているなら、これからの動向も踏まえて方針を検討すると良いでしょう。

2030年問題!?社会を取り巻く環境と新たに生まれる業界とは?

日本は少子高齢化が進み、それに伴って介護や医療など社会インフラ職の不足や、若い世代の社会保険料の負担額の増加など様々な問題が指摘されています。2030年にこれらの問題がどれだけ深刻になるかを示した示準が2030年問題。そこでここでは、2030年頃にはどんな問題が起こるのか、2030年問題について解説します。

2030年の働き方はどう変わる?4つのキーワードからヒントを探る

科学技術の進歩は、生活のあらゆる面に変化をもたらしました。さらに、2030年頃では、社会は大きく変わっていることが予想されます。 この記事では、「多様で柔軟な働き方」「個人としての信用」「リカレント教育」「自律的なキャリア形成」という4つのキーワードを軸に、ニューノーマルな時代の働き方を解説します。