fbpx

【REPORT】20代30代の若手技術者が抱える仕事の悩み

【REPORT】20代30代の若手技術者が抱える仕事の悩み

複業キャリア支援プログラム 無料体験会

複業キャリア支援
プログラム 無料体験会

複業への第一歩を踏み出し
新たな可能性を拓こう!

技術の進歩が著しい今、その変化に適応することが求められる時代です。

特に技術職に従事する若手労働者は、新たなスキルの習得やキャリアパスの形成、ワークライフバランスの維持など、多くの課題に直面しています。

この記事では、先日実施した20代30代の技術職305名を対象に行ったアンケート調査の結果を紹介し、若手技術者が抱える仕事の悩みとその解決策について探ってみたいと思います。

YouTube iconこちらの動画でも解説しています

20代30代若手技術者の仕事の悩みとは|調査結果の概要

Q1: あなたが現在抱えている仕事に関する最大の悩みは何ですか?

選択肢20代回答率30代回答率
仕事に必要なスキルが足りない36.7%25.8%
どのようにキャリアを作っていけば良いかわからない25.3%23.2%
仕事とプライベートの時間のバランスが取れない16.7%20.0%
仕事の量が多すぎる、または難しすぎる13.3%24.5%
上司や先輩からの指導が足りない4.7%6.5%

調査結果から、若手技術者が抱える最大の悩みは「仕事に必要なスキルが足りない」であり、特に20代の36.7%がこの悩みを抱えていました。

30代ではこの悩みを抱える人の割合が25.8%と少し低く、代わりに「仕事の量が多すぎる、または難しすぎる」と答えた人の割合が20代よりも高く、24.5%となっています。

これらの結果から、20代は新たなスキルの習得に焦点を当てている一方で、30代は既に習得したスキルを活用して仕事をこなす上での課題に直面していることが伺えます。

また、「どのようにキャリアを作っていけば良いかわからない」という悩みも25.3%の20代と23.2%の30代が抱えていました。

これは、どちらの年代も自分のキャリアパスに対する不確実性を感じていることを示しています。

仕事の悩みの詳細と解決策

Q2: あなたが抱える仕事の悩みを解決するために、職場で何が提供されれば役立つと思いますか?

選択肢20代回答率30代回答率
新しいスキルを学ぶための研修や教育40.7%31.0%
明確な昇進の道筋やチャンス21.3%25.8%
キャリアアップについてのアドバイスや指導18.0%23.2%
勤務時間の調整や家での仕事(リモートワーク)の選択肢16.0%16.8%

スキル不足は、特に20代の若手技術者にとって大きな悩みです。

これは、新しい技術が次々と出てくる現代社会で、自分のスキルが追いついていないと感じるからかもしれません。この問題を解決するためには、企業が定期的な研修や教育を提供することが重要です。

また、自主的に新しいスキルを学ぶための時間を設けることも有効でしょう。

一方、30代の技術者は仕事の量や難易度に悩んでいます。

これは、彼らがより高度な業務を任されるようになり、その責任やプレッシャーが増していることを示しています。この問題を解決するためには、適切な業務量の調整や、必要に応じてサポートを提供することが求められます。

キャリアパスの不明確さも大きな悩みです。若手技術者は、自分がどのようにキャリアを進めていけば良いかわからないと感じています。

これに対する解決策としては、企業が明確な昇進の道筋やチャンスを示し、キャリアアップについてのアドバイスや指導を提供することが求められています。

悩みが解決された場合の影響

Q3: あなたが抱える仕事の悩みが解決された場合、どのような影響があると思いますか?

選択肢20代回答率30代回答率
仕事のパフォーマンスが向上する36.0%39.4%
ワークライフバランスが改善する25.3%32.3%
自分のキャリアに対する自信が増す23.3%17.4%
職場での満足度が上がる14.0%10.3%

これらの悩みが解決された場合、仕事のパフォーマンスが向上すると感じている若手技術者が多く、30代では39.4%がこの意見を持っています。

これは、30代の技術者が自身のスキルを活用して仕事をこなす上での課題を解決することで、より高いパフォーマンスを発揮できると考えていることを示しています。

また、ワークライフバランスが改善すると感じている人も多く、これは仕事とプライベートの時間のバランスが取れないという悩みを抱えている人々にとって重要な結果です。

30代では、家庭や子育てなどプライベートの責任が増えるため、ワークライフバランスの改善はより重要となります。

まとめ

この調査から、若手技術者が抱える悩みとその解決策が明らかになりました。20代は新たなスキルの習得に、30代は既に習得したスキルを活用して仕事をこなす上での課題に焦点を当てています。企業は、これらの悩みを理解し、具体的な解決策を提供することで、若手技術者の仕事のパフォーマンス向上やワークライフバランスの改善に寄与できます。

この調査は、若手技術者が抱える悩みを理解し、それを解決するための一助となることを期待しています。企業は、若手技術者の声を聞き、彼らが抱える悩みを解決するための具体的なアクションを取ることが求められています。これにより、若手技術者の仕事の満足度を向上させ、彼らの能力を最大限に引き出すことができるでしょう。

■調査概要

  • テーマ:20代30代若手技術者が抱える仕事の悩みに関する調査
  • 調査の方法:インターネット調査
  • 調査対象者の条件:20-39歳の技術職の方
  • 回答者数:全体で305名(20代:150名、30代:155名)
  • 調査期間:2023年7月19日