fbpx

第二種電気工事士のできること|資格の概要と資格取得のメリットとは

第二種電気工事士のできること|資格の概要と資格取得のメリットとは

複業キャリア支援プログラム 無料体験会

複業キャリア支援
プログラム 無料体験会

複業への第一歩を踏み出し
新たな可能性を拓こう!

日々、多くの情報が広がっており、その速さに追いつくことは容易ではありません。特にエンジニアとして働く方々にとっては、最新の技術動向を把握し、自身のスキルアップに注力することが重要です。今回は、第二種電気工事士という資格に焦点を当て、その意義について探っていきたいと思います。

第二種電気工事士は、一般的な住宅や小規模な店舗での電気工事を行うための資格です。自宅の配線や照明、エアコンなどの設備工事に加え、屋内や屋外の電線やコンセントなどの配線工事も可能です。この資格を取得することで、自身のスキルを向上させ、多岐にわたる業務に対応できるようになります。

この記事では、第二種電気工事士の資格について詳しく解説し、その資格取得によるキャリアアップの可能性を探っていきます。

第二種電気工事士とは

第二種電気工事士とは、一般的な住宅や小さな店舗で電気工事を行える資格であり、その役割と業務内容、第一種電気工事士との違い、そして資格取得方法について詳しく見ていきましょう。

第二種電気工事士の役割と業務内容

第二種電気工事士は、電気工事の専門家として、自宅の配線や照明、エアコンなどの設備工事が可能です。また、屋内や屋外にある電線やコンセントなどの配線工事も行うことができます。これらの業務を通じて、安全で快適な生活環境の提供に貢献します。

第一種電気工事士との違い

第一種電気工事士と第二種電気工事士の主な違いは、取り扱う電気設備の規模と種類です。第一種電気工事士は、大規模な電気設備や特殊な電気設備の工事を行うことができます。一方、第二種電気工事士は、一般的な住宅や小規模な店舗の電気設備の工事が主な業務となります。

第二種電気工事士の資格取得方法

第二種電気工事士の資格取得には、学科試験と技能試験の二つの試験に合格する必要があります。学科試験では、電気に関する基礎理論や配線設計、電気機器や配線器具の知識などが問われます。技能試験では、実際の電気工事を模した問題を解くことで、技術力が評価されます。また、一部の人々には学科試験が免除される場合もあります。

これらの試験に合格することで、第二種電気工事士の資格を取得することができ、新たなキャリアの道が開かれます。

第二種電気工事士としてできること

第二種電気工事士の資格を持つことで、どのようなことができるのでしょうか? また、資格取得のメリットは何でしょうか? そして、どのような人に資格取得がおすすめなのでしょうか? これらの疑問について、詳しく見ていきましょう。

資格取得のメリット

第二種電気工事士の資格を取得することで、まずは自身のスキルセットが広がります。電気工事の専門知識と技術を身につけることで、より多様な業務に対応できるようになります。また、資格を持つことは、自身の専門性と信頼性を証明するものでもあります。これは、就職や転職、昇進の際に大きなアドバンテージとなります。

さらに、第二種電気工事士の資格は、自宅での電気工事が可能となるため、日常生活における便利さも提供します。自分で配線や設備の修理を行うことができるため、専門業者に依頼する手間や費用を節約することが可能です。

こんな人に資格取得がおすすめ

第二種電気工事士の資格は、電気に関する仕事に興味がある人、新たなスキルを身につけてキャリアアップを図りたい人に特におすすめです。また、自宅での電気工事を自分で行いたいと考えている人にも、この資格は大いに役立つでしょう。

さらに、電気工事士の資格は、電気に関する基本的な知識と技術を身につけるための良いステップとなります。これから電気工事の専門家を目指す人、または電気に関する仕事に興味がある人にとって、第二種電気工事士の資格は、その第一歩となるでしょう。

資格を取得することでのキャリアアップの可能性

第二種電気工事士の資格を取得することで、どのようなキャリアアップの可能性が広がるのでしょうか? また、具体的にどのような職種や業界で活躍できるのでしょうか? これらの疑問について、詳しく見ていきましょう。

資格を取得することで電気工事業界での幅広いキャリアパスが開かれます。独立して自分のビジネスを立ち上げることもできます。大手の電気設備会社や建設会社、不動産会社などでも、電気工事士の資格は評価されます。また、電気に関する基本的な知識と技術を身につけるための良いステップにもなります。これから電気工事の専門家を目指す人、電気に関する仕事に興味がある人にとって、第二種電気工事士の資格は、基礎知識の習得の第一歩となるでしょう。

第二種電気工事士の資格は、自宅での電気工事が可能となるため、日常生活における便利さも提供します。自分で配線や設備の修理を行うことができるため、専門業者に依頼する手間や費用を節約することが可能です。

第二種電気工事士:試験概要

第二種電気工事士の試験は、一般用電気工作物等の保安に関して必要な知識及び技能を評価するために行われます。試験は学科試験と技能試験の二部構成となっており、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

試験の目的と概要

第二種電気工事士試験は、一般用電気工作物等の保安に関して必要な知識及び技能を評価するための試験です。この試験は学科試験と技能試験の二部構成となっており、学科試験の合格者や学科試験免除者が技能試験を受けることができます。

学科試験の内容

学科試験では、以下の内容について試験が行われます。

  1. 電気に関する基礎理論
  2. 配電理論及び配線設計
  3. 電気機器・配線器具並びに電気工事用の材料及び工具
  4. 電気工事の施工方法
  5. 一般用電気工作物等の検査方法
  6. 配線図
  7. 一般用電気工作物等の保安に関する法令

解答方式はマークシートに記入(筆記方式)又はパソコンで解答(CBT方式)する四肢択一方式により行います。

技能試験の内容

技能試験では、学科試験の合格者と学科試験免除者に対して、以下の事項の全部又は一部について試験が行われます。

  1. 電線の接続
  2. 配線工事
  3. 電気機器及び配線器具の設置
  4. 電気機器・配線器具並びに電気工事用の材料及び工具の使用方法
  5. コード及びキャブタイヤケーブルの取付け
  6. 接地工事
  7. 電流、電圧、電力及び電気抵抗の測定
  8. 一般用電気工作物等の検査
  9. 一般用電気工作物等の故障箇所の修理

試験は、持参した作業用工具により、配線図で与えられた問題を支給される材料で、一定時間内に完成させる方法で行います。

学科試験の免除について

特定の資格を持つ者や、一定の実務経験を有する者は学科試験の免除を受けることが可能です。具体的な免除条件は試験実施団体の公式ウェブサイト等で確認することができます。

以上が第二種電気工事士試験の詳細な内容となります。この試験を通じて、電気工事の基礎知識と技術を身につけ、自身のキャリアアップにつなげることが可能です。

試験概要
項目第一種電気工事士第二種電気工事士
試験内容学科試験と技能試験。
電気に関する基礎理論、配線設計、
電気機器の知識、施工方法、
検査方法、法令について出題。
学科試験と技能試験。
電気に関する基礎理論、配線設計、
電気機器の知識、施工方法、
検査方法、法令について出題。
試験形式学科試験はマークシートまたは
パソコン解答。
技能試験は持参工具で配線図の問題を
一定時間で完成。
学科試験はマークシート
またはパソコン解答。
技能試験は持参工具で
配線図の問題を一定時間で完成。
学科試験免除対象者第一種電気主任技術者免状取得者、
鉱山保安法試験合格者、
旧電気事業主任技術者資格者など。
前回第二種電気工事士学科試験合格者、
電気工学課程卒業者、
第一種、第二種、第三種
電気主任技術者免状取得者など。

まとめ

第二種電気工事士の資格は、電気に関する知識を深め、具体的なスキルを身につけるための手段となります。この資格を取得することで、あなたのキャリアに新たな選択肢が生まれ、自身の成長を促すことができます。

最新の技術動向を学び、自己のスキルを更新することで、電気工事士としての専門性を一層深めることが可能となります。第二種電気工事士としての可能性は広がり、その一歩を踏み出すことで、自身の能力をさらに伸ばすことができます。

資格取得やスキルアップにチャレンジして技術者としてのキャリアを切り開いていきましょう。

参照:
電気工事士って何だろう? | ECEE 一般財団法人電気技術者試験センター
電気工事士の資格と範囲 | ECEE 一般財団法人電気技術者試験センター
第一種電気工事士試験 | ECEE 一般財団法人電気技術者試験センター
第二種電気工事士試験 | ECEE 一般財団法人電気技術者試験センター