人生、辛いことばかり…そんな日々を救う幸せを感じる習慣とは

ニューノーマル

やりがいのない仕事に面倒な人間関係など、社会人としての生き方は辛いことばかりです。そのような日々にうんざりしてしまうと、ますますモチベーションが低下していく悪循環に陥ってしまいます。気持ちが沈む日々から抜け出すには、何気ない習慣を見直してみましょう。この記事では、人生の辛さを幸せに変えるための方法について解説します。

DX推進は働きやすい組織に生まれ変われる大きなチャンス!?

ニューノーマル

DXにより仕事が効率化されることは、個々の理想とする働き方を実現できる機会が増えることに繋がるのです。時間にゆとりが生まれ、本来取り組むべき仕事ややってみたかったことにチャレンジできる機会が増えることで、チームや組織の活性化にもつながります。 まずDXとは何か、働き方との関係について理解していきましょう。

データサイエンティストになるには?必要とされる知識や業界、将来性を解説

ニューノーマル

リスキリングやセカンドキャリアの構築を目的にデータサイエンティストを目指そうと考えている方もいるのではないでしょうか。 ただ、どのような方法で目指せば良いのか分からないという方もいることでしょう。そこで今回は、データサイエンティストになるための方法や今後の需要・将来性などについて詳しく紹介していきます。

2030年問題!?社会を取り巻く環境と新たに生まれる業界とは?

ニューノーマル

日本は少子高齢化が進み、それに伴って介護や医療など社会インフラ職の不足や、若い世代の社会保険料の負担額の増加など様々な問題が指摘されています。2030年にこれらの問題がどれだけ深刻になるかを示した示準が2030年問題。そこでここでは、2030年頃にはどんな問題が起こるのか、2030年問題について解説します。

テレワークの効果と課題について(“ポストコロナの働き方「日本型テレワーク」の実現”より)

ニューノーマル

テレワークは多くの企業や団体で日常的な働き方へと変化しています。2021年8月に「ポストコロナ」時代におけるテレワークの在り方検討タスクフォースが提言書を提出しました。今回はこの提言書をチェックしながら、テレワークを浸透させるための施策や行政の活動、働き手としてテレワークへの取り組み方を考えてみたいと思います。

仕事は面白い?楽しく働く14の視点

ニューノーマル

仕事は楽しいものとは限りませんが、もし仕事を楽しめていないのであれば、そこには何らかの原因が隠れているのかもしれません。 ここでは、楽しく仕事をしている人の特徴や、楽しむことで得られるメリット、そして仕事を面白くする方法などについて紹介していきます。

2030年の働き方はどう変わる?4つのキーワードからヒントを探る

ニューノーマル

科学技術の進歩は、生活のあらゆる面に変化をもたらしました。さらに、2030年頃では、社会は大きく変わっていることが予想されます。 この記事では、「多様で柔軟な働き方」「個人としての信用」「リカレント教育」「自律的なキャリア形成」という4つのキーワードを軸に、ニューノーマルな時代の働き方を解説します。

従業員が働きがいを感じる組織づくり。日立が取り組むハピネス経営とは?

ニューノーマル

日立は、経営方針を達成するために必要な要素を「経営方針のブレークダウン」「従業員の前向きな参画」「リスクモニタリング」の3点として、従業員の前向きな心を引き出すスマートフォンアプリ「Happiness Planet」を開発しました。この記事では、ハピネス経営の取り組みとして日立のハピネスマネジメントをご紹介します。