fbpx

正当な理由のある自己都合退職とは?会社都合退職と自己都合退職の違いを知って次のキャリアを歩もう

正当な理由のある自己都合退職とは?会社都合退職と自己都合退職の違いを知って次のキャリアを歩もう

複業キャリア支援プログラム 無料体験会

複業キャリア支援
プログラム 無料体験会

複業への第一歩を踏み出し
新たな可能性を拓こう!

多くの30代の会社員が、職場を辞めるかどうかで悩むことがあります。自分から退職を決めることは、ただ仕事をやめるというだけではなく、これからの生活や仕事について大きく関わってきます。

そこで聞くことがあるのが、「正当な理由のある自己都合退職」という言葉です。この言葉の意味するところや、退職後に受けられる失業保険について詳しく知っておくことは、退職を考えている方にとってとても重要です。

この記事では、自分から退職を選ぶ時に、どんな理由が「正当」とされるのか、そしてその場合にどうやって失業保険を受け取れるのかについて紹介します。

自己都合で退職するという大きな決断をする時に、準備しておくことや考え方の参考になれば幸いです。

仕事を辞めるときの2つのパターン「会社都合」と「自己都合」

仕事を辞める理由は人それぞれですが、大きく分けると「会社都合退職」と「自己都合退職」の2つがあります。それぞれどんな違いがあるのか、見ていきましょう。

会社都合退職ってどんなとき?

会社都合退職は、会社の事情で仕事を辞めさせられるケースです。例えば、以下のような状況が考えられます。

  • 会社が倒産する
  • 会社の経営が悪化して、従業員を減らす(リストラ)
  • 給料をちゃんと払ってもらえない
  • 会社が遠くに移転して、通勤が難しくなる
  • いじめやパワハラで辞めざるを得なくなる

自己都合退職ってどんなとき?

自己都合退職は、自分の意志で仕事を辞めるケースです。こんな理由があります。

  • 結婚や子育てのため
  • 自分や家族の病気や介護
  • もっと良い仕事条件を求めて転職する
  • 会社の仕事や人間関係に不満がある

それぞれのメリット・デメリット

会社都合で辞めた場合、失業保険の受給資格を得やすくなるなどのメリットがありますが、転職先が決まる前に自己都合で辞める場合は、次の仕事を探すまでの期間が不安定になりがちです。どちらにせよ、退職するときは、自分がどちらの退職にあたるのか、会社としっかり確認しておくことが大切です。

仕事を辞めるときは、自分の状況に合わせて、会社都合退職か自己都合退職かをよく理解しておくことが重要です。何も知らずに不利な状況にならないように、情報をしっかりと集め、必要なら専門家に相談するのも良いでしょう。

正当な理由のある自己都合退職とは?

仕事を辞めたいと思ったとき、自分の意志で辞めるか、会社の都合で辞めさせられるかによって、その後の生活やこれからの仕事に大きく関わってきます。中でも、「正当な理由がある自己都合退職」というのは、失業保険を受給する上でも大切なポイントです。

この「正当な理由がある自己都合退職」は、自分で退職を選んだけれども、その背景にはどうしても避けられない理由がある場合を指します。このような場合、通常の自己都合退職よりも早く失業保険をもらえることがあります。これが当てはまるかどうかは、ハローワークでの審査で決まります。

自己都合退職の場合は会社都合退職よりも失業保険の給付が遅くなりますし、給付日数も少なくなります。しかし、自己都合退職の理由が「正当」と見なされれば「特定理由離職者」として、給付制限期間がなくなります。

例えば、以下の状況が「正当な理由」に当たることがあります。

  1. 体が弱って働けなくなった場合
    体調が悪くて仕事を続けられなくなったとき、この理由で辞めるのは正当な理由とされます。
  2. 家庭の事情で急に仕事が続けられなくなった場合
    家族の介護や妊娠などで、家庭の状況が大きく変わり、仕事を続けられなくなったときも、正当な理由になります。
  3. 通勤が難しくなった場合
    たとえば、配偶者の転勤で遠くに引っ越したり、通勤手段がなくなったりしたとき、通勤が難しくなる事情も正当な理由に含まれます。

このような理由で辞める場合、失業保険をもらう条件が通常よりも良くになります。具体的には、失業保険をもらい始めるまでの待ち時間が短くなったり、もらえる日数が長くなったりします。

しかし、正当な理由で辞めたからといって、必ず失業保険の特別な対応が受けられるわけではありません。辞めるときは、ハローワークに自分の状況をきちんと伝え、必要な手続きをすることが大切です。また、辞める理由を示す証拠や資料をあらかじめ準備しておくと、手続きがスムーズに進みます。

失業保険の受給条件と申請の流れ

自分から仕事を辞めることになった場合、その後もらえる失業保険についてよく知っておくことが大切です。自分で辞めたけど、それにはちゃんとした理由がある場合、早く失業保険をもらえることがあります。

失業保険をもらうための条件

失業保険をもらうためには、以下の条件を満たしている必要があります。

  • 仕事を辞める前の1年間で、少なくとも6ヶ月は雇用保険に入っていたこと。
  • 仕事を辞めたら、すぐにハローワークに行って登録し、新しい仕事を探す意志があること。

これは、失業保険がただの経済的な援助ではなく、新しい仕事を見つけるためのサポートだということを意味しています。

必要な書類

失業保険を申請するときに必要な書類は以下の通りです。

  • 仕事を辞めたことがわかる書類(雇用者からもらえます)
  • マイナンバーカードなどの個人番号がわかる書類
  • 自分の名前が書いてある銀行の通帳やキャッシュカード
  • 写真2枚(場合によっては必要ありません)
  • 身分を証明するもの(運転免許証やパスポートなど)

これらの書類をそろえて、住んでいる地域のハローワークに行き、手続きをします。

申請の流れ

  1. ハローワークで求職登録
    最初にハローワークに行き、失業していることを伝えて求職登録をします。これが失業保険をもらうための最初のステップです。
  2. 雇用保険受給説明会に参加
    登録が済んだら、失業保険についての説明会に参加します。ここで、どんなサポートが受けられるか、どうやって新しい仕事を見つけられるかなどの情報を聞くことができます。
  3. 失業認定申請をする
    説明会に参加した後は、定期的に失業の状態をハローワークに認めてもらうための申請をします。このとき、就職活動の進捗を報告するので、活動の記録をつけておくことが大切です。

ちゃんとした理由があって自分から仕事を辞めた場合、特別な対応を受けられることがあります。これによって、もっと早く失業保険をもらえるようになるかもしれません。ただ、そのためには理由をしっかり証明する書類が必要になるので、辞めるときは必要な証明書を準備しておきましょう。

次のキャリアを見つける

仕事を辞めた後、次にどんな仕事をするかを考えるのは、多くの人にとって大事なことです。自分から辞めた場合でも、新しい仕事への一歩をどう踏み出すかが重要になってきます。

自身がどうしたいのか内省する

新しい仕事を探し始めるときは、まず自分がどんな仕事をしたいのか、どんな業界で活躍したいのかをはっきりさせましょう。自分自身についてよく考え、履歴書や職務経歴書を準備し、面接の準備もしておきます。

ハローワークや求人紹介サービスを利用しよう

ハローワークでは、仕事の紹介はもちろん、キャリア相談や職業訓練など、仕事を探している人のためのさまざまなサポートがあります。年配の方や女性、障害を持つ人向けの特別なプログラムもあるので、積極的に使ってみましょう。

また、インターネット上の求人サイトやSNSでは、たくさんの仕事情報が手に入ります。特定の業界に特化したサイトや、正社員だけでなく、契約社員やアルバイトの仕事も探せるサイトがありますので、自分に合った仕事を見つけましょう。

スキルアップと資格取得を目指そう

新しい仕事を探すときには、特定のスキルや資格が必要になることもあります。仕事を辞めている間に、オンラインコースや通信教育で新しいスキルを学んだり、資格を取得することも考えてみましょう。特に、IT関連のスキルや外国語能力は、多くの仕事で役立ちます。

人脈を広げよう

仕事を探すときは、以前の同僚や業界の知り合いだけでなく、卒業生ネットワークや業界団体、セミナーや勉強会を通じて、新しい人とのつながりを作ることも大切です。これらのネットワークは、仕事の情報を得るだけでなく、仕事を紹介してもらえることもあります。

心の健康も大切に

新しい仕事を探すのは、精神的にも体力的にも大変なことがあります。自分自身を大切にし、ストレスをうまく管理しましょう。何か悩みがあったら、家族や友達、専門のカウンセラーに相談することも大切です。

複業という選択肢

今の時代、一つの会社だけでなく、いくつかの仕事を持つ「複業」という働き方が注目されています。特に、自分で仕事を辞めたいと考えたとき、複業を考えることは、新しいチャレンジへの第一歩になります。

複業のメリット

複業には、こんなメリットがあります。

  • 収入が増える可能性がある
  • さまざまなスキルが身につく
  • 将来の選択肢が広がる
  • 自分の好きな働き方ができる

複業を始めるには

複業を始めるときは、次のことを考えましょう。

  1. 自分を見つめ直す
    何が得意で、何に興味があるのかを考え、それに合った複業を探します。
  2. 市場を調べる
    興味のある分野でどんなスキルが求められているかを調べ、どう始めるか計画を立てます。
  3. 時間をうまく使う
    本業と複業のバランスを考え、複業にどれくらいの時間を使えるかを決めます。
  4. ルールをチェックする
    現在の仕事で複業が許されているか、税金や保険はどうなるかを調べておきます。

注意すべきこと

新しい仕事に挑戦することは、やりがいを感じる機会となり、新しい自分を発見できるかもしれません。しかし、複業には気をつける点もあります。

まず、本業と複業の情報は厳密に区別し、本業で得た機密情報や知的財産を複業で不正に利用したりしないよう、情報管理には細心の注意を払う必要があります。また、体調管理も欠かせません。仕事量が増えれば、心身の負担も大きくなります。しっかりと休息を取り、健康を守ることが大切になります。

上司や同僚とのコミュニケーションも重要です。複業のメリットを説明し、理解を求めながら進めていきましょう。

このように複業には課題もありますが、自分の可能性を広げるための挑戦でもあります。興味があれば、ぜひトライしてみてはいかがでしょうか。

夢の実現に向けて

私たち誰もが、自分の夢や目標を持っています。仕事を辞める、人生の節目を迎えるなど、大きな変化のタイミングは、新しい夢に向かうチャンスでもあります。でも、夢を実現するにはどのように進めばいいのでしょうか。

自分自身を知る

まずは、自分自身をよく知ることが大切です。自分が何を大切にし、何に情熱を持っているのかを理解しましょう。日記を書いたり、身近な人に相談したりするのも一つの方法です。自分探しを深めれば、本当にやりたいことが見えてくるはずです。

学び続ける努力

夢を叶えるために必要な知識やスキルを身につける努力が欠かせません。目標に合わせて学び続け、自分を磨きましょう。オンラインコースやセミナーなど学習の機会は多数あります。

情熱を仕事に

自分の趣味や特技を仕事にすることも、夢実現への近道かもしれません。フリーランスとして独立したり、自分の好きなことに合わせた起業を検討してみてはいかがでしょうか。

つながりを持つ

夢に挑戦する過程は一人では大変なものです。同じ目標を持つ仲間と交流し、お互いに高め合うことが重要になります。オフラインとオンラインの両方で、新しいつながりを見つけましょう。

挑戦は時に孤独で不安を感じるかもしれません。そんな時こそ、コーチングやキャリア相談サービスを活用し、専門家から励ましとアドバイスを得ることをお勧めします。一人で抱え込まず、サポートを求める手段を持つことが大切です。

まとめ

転職は、キャリアにとって新しいスタートとなります。特に30代頃の会社員にとっては、自分自身を見つめ直し、将来の目標に向かって進む絶好の機会です。複業をはじめとする多角的なキャリアの形成は、自分の能力を広げ、生活にさらなる豊かさをもたらします。

複業への取り組みは、退職前に考えるべき選択肢のひとつといえます。これにより、収入源を増やすことができるだけでなく、さまざまなスキルを習得し、長期的なキャリア計画における自己実現の可能性を高めることができます。退職を検討する前に、自分の関心や能力を生かした複業にチャレンジし、キャリアの幅を広げてみることをお勧めします。

この変化の時期においては、複業を含め、さまざまな可能性を慎重かつ計画的に探求することが求められます。自己の成長とキャリアの新たな道を信じ、積極的な一歩を踏み出しましょう。