fbpx

“働く”の未来|キャリアオーナシップと多様な働き方について

“働く”の未来|キャリアオーナシップと多様な働き方について
2023年8月2日

「働く」の未来について、どのように考えていますか?

これからの働き方は、一昔前とは大きく変わりつつあります。最近よく耳にするようになったキャリアオーナシップという言葉。これは、自分自身でキャリアをデザインすることを意味します。

また、「人的資本」という観点から見ると、自身のスキルや経験を最大限に活用し、新しい働き方の可能性を探ることが求められるようになっています。リモートワークや副業/複業といった働き方もその一つです。

これらは、雇用の在り方にも大きな影響を及ぼすはずです。そこで今回のハタラクコラムでは、これからの「働く」の未来について考えてみたいと思います。

自分の未来を自分で描くこれからの働き方

働くとは、一体何でしょうか。単に生計を立てるための手段でしょうか、それとも自己実現の一環でしょうか。働くという行為は、人生の大部分を占めるものであり、その意義は人それぞれに異なります。しかし、これからの働く未来においては、「キャリアオーナシップ」がキーワードとして挙げられます。

なぜキャリアオーナシップが重要なのか?

現代社会では、働き方の多様性が求められ、一生涯同じ職場で働くことは少なくなりました。また、テクノロジーの進化や社会の変化により、新たな職種や働き方が次々と生まれています。このような背景から、自分のキャリアを自分でコントロールするキャリアオーナシップが注目されています。キャリアオーナシップとは、自分自身のキャリアを自分でデザインし、自分の働き方やキャリアパスを自分自身で決定し、実現するための行動を自分で選択するという意識のことです。これにより、自分の強みを活かし、自己実現を追求することが可能になります。

キャリアオーナシップの実践

キャリアオーナシップを実践するためには、まず自分自身の価値観や目標を明確にすることが必要です。それは、自分が何を重視し、何を達成したいのかを理解することから始まります。その目標を達成するための具体的な行動計画を立て、それを実行に移すことが求められます。また、自分のキャリアを自分でデザインするためには、自分自身の強みや弱み、興味や価値観を理解することが重要です。それを基に、自分がどのようなキャリアを歩みたいのか、どのような働き方を選びたいのかを考え、それを実現するための具体的な行動計画を立てることが求められます。

キャリアオーナシップと自己成

キャリアオーナシップは、自己成長の観点からも重要です。自分自身のキャリアを自分でデザインすることは、自分自身のスキルや能力を最大限に活用し、自己実現を追求することを可能にします。また、自分自身のキャリアを自分でデザインすることは、自分自身の働き方を自分で選択し、自己実現を追求することを可能にします。

このように、キャリアオーナシップは、自分自身の働き方を自分でデザインし、自己実現を追求するための重要な考え方です。それは、自分自身のキャリアを自分でコントロールし、自己実現を追求することを可能にする新たな働き方の形です。

人的資本を活かす

人的資本とは、私たち一人ひとりが持つ知識やスキル、経験など、働く上での価値を表す言葉です。人的資源を最大限に活用することで、新しい働き方の可能性を広げることができます。

人的資本とは何か?

人的資本とは、私たちが持つ知識やスキル、経験などを指します。

これらは、私たちが働く上での「武器」であり、それを最大限に活用することで、新しい働き方の可能性を広げることができます。

人的資本の概念は、18世紀にアダム・スミスが触れた後、20世紀にセオドア・シュルツやゲーリー・ベッカーらによって再定義されました。

人的資本は、教育や訓練などの投資によって蓄積され、経済成長や企業の競争力向上に重要な役割を果たします。

人的資本の活用は企業の利益向上に直結する

人的資本を最大化するためには、企業は従業員を大切な資源として見つめ直し、その価値を引き上げるための戦略が必要です。スキル、知識、経験を最大限に活用できる環境を準備し、一人ひとりの成長を促進する取り組みが求められます。

従業員が自分の仕事に積極的に関わり、業務に情熱を持って取り組む環境を作り出すことで、仕事への満足度やエンゲージメントを向上させることができます。さらに、人材開発や教育訓練への投資が企業の競争力向上にどのように寄与するかを理解し、それを具体的な数値や指標で示すことが重要です。

これらは、企業が人的資本を最大限に活用し、持続的な成長を達成するための基盤となります。

人的資本を活かすためにできること

自分の人的資本を高めることは、自身のスキルや経験を向上させ、仕事のやりがいを見つけ、企業にとって価値ある存在になることを意味します。

具体的には、以下の4つのポイントがあります。

  1. 自分の仕事の目的や方向性を明確にし、会社の目標にどう貢献しているかを理解します。これにより、仕事へのモチベーションが高まります。
  2. 自分のパフォーマンスを測定し、フィードバックを受け取ることで、仕事の質や効率が向上します。
  3. 会社の研修やセミナーに参加し、自分のスキルや知識を向上させます。これにより、自身の価値が高まります。
  4. コミュニケーションを活発に行い、他の従業員や上司との信頼関係を築きます。これにより、チームワークが強化されます。

この他、異なる業種や職種での経験の積み重ね、自身の強みや弱みを理解し、それらを活かす働き方を模索することも大切です。

副業・複業による多様な働き方

働き方の多様性が増す現在、副業や複業という働き方が注目されています。その背後にはどのような価値があるのでしょうか。

副業・複業の価値

副業・複業は、ひとつの職場だけでなく、複数の職場で働くという働き方です。

副業・複業にはメリットもデメリットもあります。まず、デメリットから見てみましょう。複数の仕事を掛け持つことは時間管理やエネルギーの配分を難しくします。また、各職場のルールや文化に適応することも求められ、ストレスが増える可能性もあります。さらに、本業と副業の間で利害の衝突が生じることもあります。

一方で、メリットも無視できません。収入源が増えることで経済的な安定を得られます。また、異なる職場での経験は新たなスキルの獲得や視野の拡大につながります。さらに、自分の興味や関心を追求する機会も増え、キャリアの可能性を広げることができます。

副業・複業を考える際は、これらのメリットとデメリットをしっかりと理解し、自分のライフスタイルやキャリアゴールに合った選択をすることが重要です。

副業・複業を通じたキャリア形成

副業・複業は、自分のキャリアを形成する上で有効な手段となります。異なる職場で働くことで、自分のスキルを広げることや、自分の興味や関心を追求することも可能です。

例えば、本業ではITエンジニアとしてウェブサイトやアプリケーションの開発に携わりながら、副業でテクノロジーに関する記事やブログを執筆するということができます。これにより、ITの知識とライティングスキルを同時に磨くことができます。

また、副業で得たライティングスキルは、本業でも活用することができます。例えば、開発したウェブサイトやアプリケーションの説明文やマニュアルを書く際に役立ちます。

多様な働き方がもたらす3つの効果

キャリアオーナシップとは、自分のキャリアを自分自身でコントロールし、デザインすることです。それが多様な働き方と結びつくと、どのような効果をもたらすのでしょうか。以下では、個人レベル、組織レベル、そして社会レベルでの効果を見ていきます。

個人レベルでの生産性や満足度の向上

副業や複業といった働き方は、キャリアオーナシップを持つ人々にとって一例となります。これらに取り組むことで、自分のスキルを広げ、多様な経験を積むことができます。これは、自分自身の市場価値を上げるだけでなく、自分に合った仕事を見つけることも可能にします。

実際に、副業や複業を行っている人は、仕事に対する満足度が高く、生産性も高いことが調査で示されています。これは、自分の能力や興味を最大限に活用できる働き方を選択できるからです。

組織レベルでの人材活用やイノベーションの促進

フリーランスやリモートワークといった働き方は、組織レベルでのキャリアオーナシップの一例となります。これらに取り組むことで、自分の時間や場所を自由に選ぶことができます。これは、自分の能力や興味に応じて仕事を選択することができるだけでなく、多様な人や情報と交流することも可能にします。

実際に、フリーランスやリモートワークを行っている人は、仕事の質や創造性が高く、イノベーションに貢献していることが調査で示されています。これは、自分の働き方を自由に選択できることで、自分の能力を最大限に活用し、新しいアイデアを生み出すことができるからです。

社会レベルでの人的資本や幸福度の最大化

ライフステージやニーズに応じた働き方は、社会レベルでのキャリアオーナシップの一例となります。これに取り組むことで、自分のライフバランスや価値観を尊重することができます。これは、自分の幸せや充実感を高めるだけでなく、社会全体の人的資本や幸福度も向上させます。

実際に、ライフステージやニーズに応じた働き方を行っている人は、仕事や生活に対する満足度が高く、社会貢献意識も高いことが調査で示されています。これは、自分の働き方を自分自身で選択し、自分のライフステージやニーズに合わせて働くことができるからです。

これらの効果は、キャリアオーナシップを持つことでの多様な働き方がもたらすものです。自分のキャリアを自分自身でコントロールし、デザインすることで、個人、組織、そして社会全体にとっての多大な効果をもたらすことができます。

まとめ

今回は「働く」の未来について、キャリアオーナシップと多様な働き方について考えました。

キャリアオーナシップとは、自分のキャリアを自分でデザインし、主導することを意味します。これにより、自分の強みを活かし、自己実現を追求することが可能になります。また、人的資本という観点から見ると、自身のスキルや経験を最大限に活用し、新しい働き方の可能性を探ることが求められるようになっています。副業や複業という働き方もその一つです。

これらは、雇用の在り方にも大きな影響を及ぼすはずです。キャリアオーナシップを持つことでの多様な働き方は、個人レベルでの生産性や満足度の向上、組織レベルでの人材活用やイノベーションの促進、社会レベルでの人的資本や幸福度の最大化といった効果をもたらします。

これからの「働く」の未来に向けて、自分自身でキャリアをコントロールし、デザインすることが重要となっていくことでしょう。