2030年の働き方はどう変わる?4つのキーワードからヒントを探る

科学技術の進歩は、生活のあらゆる面に変化をもたらしました。さらに、2030年頃では、社会は大きく変わっていることが予想されます。 この記事では、「多様で柔軟な働き方」「個人としての信用」「リカレント教育」「自律的なキャリア形成」という4つのキーワードを軸に、ニューノーマルな時代の働き方を解説します。

いま多様な働き方が求められる理由|ニューノーマル時代に訪れる変化と企業のメリット

今も正社員として働くことがまだ一般的ですが、新型コロナによりデジタル化が加速したことで、働く環境や働き方は大きく変化しています。 すでに多くの方がそれぞれの事情や状況に合わせた働き方の必要性を感じているかもしれません。そこで今回は、いま求められる「多様な働き方」について解説します。

ニューノーマル時代の働き方の課題と対策について考える – Time For Change?

働き方においても在宅勤務やオンライン会議の活用など、変化を大きく実感する状況が続いています。そんなコロナ禍のなかで「ニューノーマル」という言葉を耳にすることが増えています。 私たちは今後新たな働き方を模索していく必要がありますが、そこにはどのような課題があり対策が必要になるのでしょうか。

ニューノーマル時代に訪れるビジネスや働き方の変化とは

ニューノーマルとは「新しい」を意味するnewと「標準」を意味する「normal」から生まれた言葉です。 新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて社会には大きな変化が生じ、これからの生活や仕事をどうやっていけばよいのか悩んでいる人が増えています。 この記事ではニューノーマル時代についてわかりやすく解説します。

複業とは?複業のメリットデメリットとおすすめツールをご紹介

会社に雇用されている人でも、複業を始める人が増えています。仕事で余った時間を使用して気軽に収入を増やせることが、複業の人気が高まっている理由のひとつです。複業を始める前に登録しておくことで役立つサイトや、便利なツールなど、複業を始めるにあたって役に立つ情報をご紹介します。